FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 街歩き › 骨髄ドナーその後
2006-11-27 (Mon) 00:37

骨髄ドナーその後

先月、骨髄ドナーの候補になったお話を書きました。
その後のお話です。

何度か、コーディネーターさんとの電話でのやりとりをしたあと、先々週、近くの大学病院で最終の血液検査をして来ました。
この検査の結果、骨髄移植をする患者さんとの血液の型(HLA=DNA)が合致するか、移植するのに適切な血液や体の状態であるかなどがわかります。

ひとりの命が救えるのなら、絶対に最終検査で不適切な血液にならないよう頑張ろうと、バランスのとれた食事や生活のリズムを崩さないようにと、万全の注意を払って検査に臨みました。
検査前に、意思の確認や検査後のことなど1時間くらい説明があり、検査用の血液を21cc(検査用の小さな試験管5本分)を採血されました。
たったの21ccなのですが、注射針が細いので、なかなか取れませんでした。
これって、貧血?と心配でした。(-_-;)
この検査の結果は、非常にきびしいもので、基準から少しでも上下があれば、そこでドナーをお断りするというものでした。
そうですよね、体の弱った状態でいる患者さんに差し上げる骨髄液なので、やはり健康なものでないといけないということです。
ですから、説明時に、
「もし、検査結果が悪くても、健康でないということではなく、とても厳しいチェックには通らなかったと思ってください。特に、女性の場合は、貧血がネックになる場合があり、ヘモグロビン量が12以上ないとはねられます。」
というふうに言われました。
コーディネーターさんも、とっても健康そうに見えたのに、貧血でひっかかり、ドナーになれなかったそうなのです。(T^T)
だから、なかなか血液が取れないのが心配でした。針を刺したまま、5分くらいかかりました。(_≧Д≦)ノ

週末、検査の結果が来ました。
封を開ける前に、神様や仏様にお祈りして開けました。

img20061127.jpg



検査の結果は基準値に達していて、合格でした!!
第一関門突破!\(^o^)/ 


しかし、2枚目の紙を見た時、がっくりしました。

「コーディネート終了のお知らせ」と書いてあったのです。
患者さんの都合で、今回のコーディネートは終了ということでした。
その理由として、


1.HLAが一致しなかった
2.他のドナー候補者の方が骨髄採取の運びになった
3.患者さんの病状変化等により、治療方針の変更、骨髄移植を見合わせることになった


のいずれかであるという事でした。(それ以上詳しいことは、ドナーには知らされません)
HLAが合わないというのはわかります。
他のドナーの方が見つかったというのもわかります。やっこの他に、5名同じような型の血液の持ち主がいると聞いていたので、患者さんの病院に近い方がいらっしゃったのかもしれません。
(骨髄液は、患者さんの担当医師が、採取した病院まで取りに行くのが原則になっているそうです。ですから、例えば、患者さんが北海道の病院に入院していれば、北海道から横浜まで取りに来なければならないのです。そのためより近い地区にいる人がドナーになります。)
1と2の理由ならいいのですが、最後の3は、もしかしたら、最悪の場合、患者さんが亡くなられたということも考えられ、すごくショックです。
もし、1、2の理由でないなら、もう一度やっこにドナーになれるチャンスが訪れるようにと、祈り続けるしかありません。

やっこの体が厳しいチェックに合格したこと、健康に恵まれていることは、とても喜ばしいことです。
その喜びのおすそ分けが出来る日が近い将来、また来るよう、健康に気を遣って生活してゆきたいと思っています。



関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可