FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 旅行 › 上海へ 8 江南シルク精品館 外灘
2019-03-24 (Sun) 22:37

上海へ 8 江南シルク精品館 外灘

0144e23ea418f5669705c66a0c28ef80a5e7af7bd5-20190322.jpg

多倫路文化街から程近いところにある
江南シルク精品館。
ツアーお決まりの見学&ショッピングです。
まずは、絹製品のできるまでをレクチャー。

01421829680e3eeae5e0643abafed5a2520a1bf7b3-20190322.jpg

上海のお隣の杭州は絹の一大産地。
お蚕さんの中には1匹で繭を作るもの
双子で繭を作るものがあり、
双子の繭は糸に紡げないので
布団の綿にするんだそうです。

☆「真綿」 =植物のコットンの綿ではなく、絹の綿のことです。



糸を紡ぐ道具

01f0b7ebd4934011cd006cc23e07e45906a1207ed3-20190325.jpg 

繭から糸をとる機械

016d2784d4d2d6da36e688ec44243bdde272f58392-20190322_201903222354025b8.jpg

01572189c24aa90d5b95394dbe83d12a918564f01d-20190322_20190322235404055.jpg

双子の繭から取った繊維は
このように広げられ、乾燥したら
下の動画のように何人かで均一に広げられます。
コットンのように綿ぼこりが出なくて、
軽くて暖かなのが特徴。



どこに行っても日本語の堪能な人が多いです。

01ab4d43d5615851d2fdbad9f8c6e8a218b28e02b7_00001-20190325.jpg 

・綿ぼこりが出なくて、アレルギーの人によい
・洗濯はシャンプーで手軽にできる(=髪の毛と同じたんぱく質)
・夏は涼しく、冬は暖かい
・軽い
・肌触りがよい
と説明を聞き、利点が多いので買ってきました。
まんまと引っかかった!?

早速使ってますが、大満足です!!

ただ、お店の人が圧縮してパッキングしてくれるのですが
間違って違う柄を組み合わせてしまい、
本当は白い方の模様を2枚かったのですが、
それだけが残念。
ツアーは時間押せ押せで進むので
クレームも言えず・・・(ノД`)・゜・。 
まあ、どちらもかわいい模様なのでいいのですが。。。


 
134-20190322.jpg 

家へのお土産も買って、外灘(=バンド)に向かいます。
昨夜、夜景クルーズでゴールドに輝いていたところです。

141-20190322.jpg

139-20190325.jpg
 
19世紀後半から20世紀前半にかけて
栄えた租界(外国人居留地)

東洋の金融街として栄えましたが、
現在では銀行、ホテル、アルマーニ等の
一流ブランドがこちらで営業中。

143-20190325.jpg 

138-20190325.jpg

149-20190322.jpg 

どの建物も威厳があってシブいです。
走っているバスの中からの撮影で
じっくり取れなかったのが残念!!

151-20190325.jpg

歩道の様子
とてもきれいに整備されています。

 
161-20190325.jpg

新しい街浦東新区です。
今や上海の最も発展している地域。
黄浦江の対岸に見ることができます。

154-20190325.jpg

こちらは中国のチャイナドリームを打ち立てた社長のビル。
一等地に建ってます。
学歴もなく、中卒の一男子がお金持ちの女性と結婚して
巨万の富を得て建設したビルだそうですよ。
ガイドさんが力説していました。
こんなふうに成功するのは中国では珍しいみたいです。

170-20190325.jpg

大きな交差点を渡ります。
中国では以前書いたように
自転車よりも今は免許のいらない電動バイクが
たくさん走っていて、50キロくらいの
スピードが出るのに音がないので
けっこう危ない目に遭うことが多いのです。
日本のように歩行者優先という意識が無いようで
気をつけてないと「どけどけ!」というような
クラクションを鳴らされてドキッとします。

ガイドの劉さんが、「僕について来て!!
離れたら危ないよ!!」と30名近い団体さんに
大声で呼びかけて一斉に渡りました。
「赤信号、皆で渡れば怖くない」の言葉は
中国では通用しません!!

 
175-20190325.jpg 

横断歩道を渡った先にある大城公園。
横浜で言うとさながら、山下公園的な所でしょうか。
イルカの花壇がハボタンで彩られていました。

上海ではどの公園もしっかりお手入れがしてあり、
花壇もとてもきれい。

 
176-20190325_201903251156318da.jpg 

魯迅公園同様、お孫さんの面倒を見る
ジイジやバアバで賑わっていました。

180-20190325_20190325115632cc5.jpg 

公園の売店で売ってるおもちゃ。
こんなお人形は日本では見ないですよね?

 181-20190325_20190325115633de2.jpg

こんな帽子をかぶっている子どもも何人か見ました。
やはり、ピカチュウは人気ですね。

明日は旅の最終回。
上海の浅草みたいなところ、豫園商城、最後のランチです。
関連記事

最終更新日 : 2019-03-26

コメントありがとうございます。 * by やっこ
☆秋風春風さんへ
布団の中に入れる綿は双子の繭からとるというのは
やっこもはじめて聞きました。
双子率が高いのでしょうね・・・おかいこさん。
この旅ではあまりお土産を買う予定もなかったのですが
シルク布団、なかなかこういうチャンスじゃないと
買えないし、圧縮して持ち歩きできるので家へのお土産に
決めました。 
電動バイク、本当に普通に人のすぐそばまで
近寄って走っているので怖かったです。
事故も多いのでは?と思ったけど、パトカー、
救急車の緊急出動は滞在中ほとんどなかったです。
というのも、救急車は有料で、料金先払い。
普通はあまり呼ばないらしいということでした。

やっこさん^^こんにちは♪ * by 秋風春風
シルクの布団って、双子繭から作られるんですね、勉強になります^^
動画・・・たぶん私なら、瞬間で穴を開けてます><

お買い上げ~はさすがですが・・・やはり日本と違って、聞いて無いな~?の世界でしたか><

電動バイクが音も無く50kmで・・・恐怖です。
モラルを期待出来る世界じゃ無いのですね。

コメントありがとうございます。 * by やっこ
☆のんきさんへ
お義母様にシルクのお布団買われたのですね。
上海旅行に行って買えばよかったかも!?(笑)
日本で買うと倍以上になるとか・・・
一応、大きい旅行会社のツアーなので
ヘンなものを売るところには行かないはずなので
品質も保証されているかと思います。
この先、夏まで活躍してくれそうです。
値の張るものを買うと叱られるかな?と思いましたが
主人も気にいって使ってます。ホッ。

No Subject * by のんき
シルクの掛け布団。おばあちゃんに買いましたが、デパート価格で4万。カバーが1万。五万円だったことが、頭から離れません(笑い)
やっこちゃんが、お値打ちに買われたなら、うらやましい。。。
ただ、シルクのお布団。その温かさと、風合い。軽さ。どれをとっても優れものですよね

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

やっこ コメントありがとうございます。

☆秋風春風さんへ
布団の中に入れる綿は双子の繭からとるというのは
やっこもはじめて聞きました。
双子率が高いのでしょうね・・・おかいこさん。
この旅ではあまりお土産を買う予定もなかったのですが
シルク布団、なかなかこういうチャンスじゃないと
買えないし、圧縮して持ち歩きできるので家へのお土産に
決めました。 
電動バイク、本当に普通に人のすぐそばまで
近寄って走っているので怖かったです。
事故も多いのでは?と思ったけど、パトカー、
救急車の緊急出動は滞在中ほとんどなかったです。
というのも、救急車は有料で、料金先払い。
普通はあまり呼ばないらしいということでした。
2019-03-31-08:43 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

やっこさん^^こんにちは♪

シルクの布団って、双子繭から作られるんですね、勉強になります^^
動画・・・たぶん私なら、瞬間で穴を開けてます><

お買い上げ~はさすがですが・・・やはり日本と違って、聞いて無いな~?の世界でしたか><

電動バイクが音も無く50kmで・・・恐怖です。
モラルを期待出来る世界じゃ無いのですね。
2019-03-30-20:12 * 秋風春風 [ 返信 * 編集 ]

やっこ コメントありがとうございます。

☆のんきさんへ
お義母様にシルクのお布団買われたのですね。
上海旅行に行って買えばよかったかも!?(笑)
日本で買うと倍以上になるとか・・・
一応、大きい旅行会社のツアーなので
ヘンなものを売るところには行かないはずなので
品質も保証されているかと思います。
この先、夏まで活躍してくれそうです。
値の張るものを買うと叱られるかな?と思いましたが
主人も気にいって使ってます。ホッ。
2019-03-29-08:40 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

シルクの掛け布団。おばあちゃんに買いましたが、デパート価格で4万。カバーが1万。五万円だったことが、頭から離れません(笑い)
やっこちゃんが、お値打ちに買われたなら、うらやましい。。。
ただ、シルクのお布団。その温かさと、風合い。軽さ。どれをとっても優れものですよね
2019-03-26-13:09 * のんき [ 返信 * 編集 ]