FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 旅行 › 上海へ 4 無錫へ
2019-03-18 (Mon) 08:52

上海へ 4 無錫へ

004-20190318.jpg

2日目はバスで無錫というところへ。
約2時間半というバスの旅です。
途中、車窓から見た上海の住宅事情を・・・

こちらは7階建ての少し古いタイプのアパート。
中国のお約束、物干し竿を突き出して
洗濯物を干すんです。
女性の下着を隠すことなく堂々と干すのが
中国流なんだそうです。

002-20190318.jpg

こちらは近年立てられたマンション群。
20階から30階の高層マンション群があちこちで見られます。
日本の団地の比じゃない人口が住んでいるんですよ~。
さすが人口の多い上海です。

006-20190318.jpg

こちらは再開発されつつある工場地帯。
手前の昔の工場は近々高層ビルになるでしょう。

ご覧の通り、晴れていてもスモッグで霞む上海なので
現在、工場を市内から移転させる計画が進行中です。

013-20190318.jpg

こちらの一戸建ては、公務員の住宅らしいです。
一般市民はアパート、役人や学者は優遇されている中国です。

018-20190318.jpg

オレンジ色の建物は学校のようです。
後ろは高層マンション群。

020-20190318.jpg

高速道路の記念碑
その後ろにも高層マンション。

本当にこんなマンション群があちこちに見られるんですよ。

024-20190318.jpg

ちょっとのんびりした田舎の風景に変わりました。
お隣の蘇州市です。

025-20190318.jpg

蘇州市内の家。
一戸建ての大きな家が見られました。

高速道路を走るバスからなので
画像がぶれていてすみません。

026-20190318.jpg

ビニールハウスや菜の花畑も見られました。
もっと大規模な農業をしているのかと思ったら
そうではなく、日本と同じような区画割になっていました。

030-20190318.jpg

蘇州市内中心部に入ると
工業都市らしく、トレーラーが多く見られます。

渋滞にはまったので、高速から降りて
別ルートで蠡湖(れいこ)に向かいます。

059-20190318.jpg

本来なら見られなかった太湖
渋滞のおかげで別ルートに進んだので
見ることができました。
琵琶湖の4倍あるそうですが、霞んで見られません。

061-20190318.jpg

中国らしくない教会の塔のある風景

062-20190318.jpg

無錫市の蠡湖近くのマンション群。
地方都市でもこんな感じです。
無錫は工業都市で日本の家電メーカが進出して
工場も多いようです。

072-20190318.jpg

有名な中国の映画スタジオ
昨年脱税で、146億円の追徴課税と罰金を命じられた
中国美人女優范氷氷(ファン・ビンビン)さんもこちらで
活躍していたそうですよ。



087-20190318.jpg

蠡湖大橋とその奥に見える変わった建物は
オペラハウスです。
シドニーのものとよく似てますね^^

128-20190318.jpg

船でこちらの小さな島に渡ります。
この島は春秋時代の軍人・政治家であった茫蠡と
中国四大美女のひとり西施が隠居生活を送った場所です。
西施が暮らした家が再現されていたり、庭園が整備されたりしてます。

湖岸から船で10分足らずの船旅を楽しめます。

100-20190318_20190318075332dfb.jpg

蠡湖に到着。
西施の像です。
細身の美人だったそうですよ。

ちなみに中国古代の四大美人は、
西施(春秋時代)・王昭君(漢)・貂蝉(後漢)・楊貴妃(唐)だそうです。
ご存知でしたか?



現代2大美人とともに・・・(笑)

102-20190318.jpg

島内は15分ほどで一周できます。
船を降りたら、自由行動ですが
どのくらいのペースで歩けばよいのか
時間配分が難しかったです。
ゆっくりは見られず、
サッサと撮影しては早歩き。
黒鳥がいましたよ~。
とてもなついているようでした。

109-20190318.jpg

西施の住んでいた家を再現した西施園。

110-20190318.jpg

庭に置かれた白い石は
太湖の湖底からとれる太湖石。
中国では有名な良い石とされているそうです。

111-20190318.jpg

足もとを見ると瓦や小石でデザインされた
パッチワークみたい。

113-20190318.jpg

西施園の建物

116-20190318.jpg

桜桃の花が咲いていました。
この建物はステージ風でしたよ。

122-20190318.jpg

茫蠡の船の発着場の遊園地

135-20190318.jpg

2日目のお昼は福鈺潤というレストラン
無錫料理を楽しめます。

136-20190318.jpg

レストラン入り口の壁画

蠡湖の「蠡」という字は蓮を意味しているので
この絵なのかな?
page_2019031807541122d.jpg

中国料理は円卓でどんどんまわってきます。
お料理をとるのに忙しくて、なかなか撮影できませんでした(^^ゞ

右上の黒いものが無錫名物のスペアリブ料理。
黒酢で味付けしてあってやわらかくて、サッパリしていました。
食べやすく小さめに切ってあるので、骨から肉が離れていて
スペアリブだとわからなかった方も。

その下は太湖で獲れた白魚料理。
玉子とじにされていてやさしいお味でした。
ピーマンと豚肉の炒め物も美味しい♪
そのほか、お豆腐の煮物、青菜いためなど
野菜中心の美味しい中華でした。

昼間っからのビールもすすみます(^_-)-☆


さて、ランチが終わったら
お隣のビルの淡水真珠店へ~!

関連記事

最終更新日 : 2019-03-20

コメントありがとうございます。 * by やっこ
☆きっしぃさんへ
高層マンションがニョキニョキできていましたが
上海地方は地震がないので大丈夫なんだそうです。
だから古い塔も残っているのですね。
田舎のほうに行くと、昔ながらの風景も楽しめて
よかったです。

☆源さんへ
日本では高層マンションはそんなにたくさん
立ち並んでいませんが、上海の高層マンションは
群をなしていてびっくりでした。
やはり人が多いのですね。
中国は漢字の国ですが、日本人の読めない略字も多く、
思ったよりも標識等もわからなかったです。

☆zooeyさんへ
zooeyさんはフリープランで中国を旅行されたのですね。
いろいろと困りませんでしたか?
パッケージツアーはあますことなく観光させてくれて、
楽して回れるので1度目はこうやって行くのがいいですね。
カナダをフリープランで回ったときに、あちこち観光できるところとぉ見落としていたので、ちょっとがっかりした思い出があります。

☆mcnjさんへ
mcnjさんはあちこち中国内を移動されているのですね。
中国人ガイドさんが無錫旅情とか蘇州夜曲を歌ってくれましたが、やっこは知りませんでした。

☆Saas-Feeの風さんへ
Saas-Feeの風さんは深圳に行かれていたのですね。
現在、中国で稼動している工場の基礎をmcnjさんや
Saas-Feeの風さんたちが作りに行ったわけですね。
うら若き乙女もおばあちゃんも、日光に下着を当てるのが
いちばんと思っているらしいです。
反対に日本に来ると女性の下着が見えないので
どうしているのか!?と疑問に思うそうですよ。(笑)

 

No Subject * by Saas-Feeの風
深圳に工場立ち上げで行ってました。
女子寮を視察すると洗濯物がたくさんぶら下がっているのですよ。
目のやり場に困りましたね。
14歳くらいから20歳くらいまでが作業者として採用されていました。

上海でも同じなんですねえ~。
租界地でしたから欧風なのかと思ってました。

無錫 * by mcnj
お早うございます。

ここは、南京から帰る途中、汽車の中で見ました。

無錫と言えば、無錫旅情でしたね。大湖のほとり。

西施だけ知りませんでした。

No Subject * by zooey
上海紀行、楽しく読んでいます。
私が行った時は飛行機とホテルだけ予約して自分で廻ったので
市内中心だけで精一杯、こんな地方までは行きませんでした。
こんなに盛沢山であの金額は凄いですね!(@@)

ニョキニョキ! * by 源さん、
高層マンションの多さにはビックリです。
人口の多い都市とは聞いていましたが、こういう光景を目の当たりにすると、実感しますね。
大気汚染も問題ですね。
中国の地名や人名はなかなか素直に読めません。(笑) 
目的地はその昔、演歌に歌われていました。
現代の美女たちに拍手!


高層マンション! * by きっしぃ
上海は地震がないのかしら?
上に建てていくしかないくらいに
人口が密集しているんでしょう(@_@。

太湖石が敷き詰められたお庭は
とても趣きがありますね。
昔の名残が感じられて素敵です。

お料理も美味しそう(#^^#)

中国の四大美人も良いですが
現代の美女さんも最高ですよ(^^)/

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

やっこ コメントありがとうございます。

☆きっしぃさんへ
高層マンションがニョキニョキできていましたが
上海地方は地震がないので大丈夫なんだそうです。
だから古い塔も残っているのですね。
田舎のほうに行くと、昔ながらの風景も楽しめて
よかったです。

☆源さんへ
日本では高層マンションはそんなにたくさん
立ち並んでいませんが、上海の高層マンションは
群をなしていてびっくりでした。
やはり人が多いのですね。
中国は漢字の国ですが、日本人の読めない略字も多く、
思ったよりも標識等もわからなかったです。

☆zooeyさんへ
zooeyさんはフリープランで中国を旅行されたのですね。
いろいろと困りませんでしたか?
パッケージツアーはあますことなく観光させてくれて、
楽して回れるので1度目はこうやって行くのがいいですね。
カナダをフリープランで回ったときに、あちこち観光できるところとぉ見落としていたので、ちょっとがっかりした思い出があります。

☆mcnjさんへ
mcnjさんはあちこち中国内を移動されているのですね。
中国人ガイドさんが無錫旅情とか蘇州夜曲を歌ってくれましたが、やっこは知りませんでした。

☆Saas-Feeの風さんへ
Saas-Feeの風さんは深圳に行かれていたのですね。
現在、中国で稼動している工場の基礎をmcnjさんや
Saas-Feeの風さんたちが作りに行ったわけですね。
うら若き乙女もおばあちゃんも、日光に下着を当てるのが
いちばんと思っているらしいです。
反対に日本に来ると女性の下着が見えないので
どうしているのか!?と疑問に思うそうですよ。(笑)

 
2019-03-20-00:52 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

深圳に工場立ち上げで行ってました。
女子寮を視察すると洗濯物がたくさんぶら下がっているのですよ。
目のやり場に困りましたね。
14歳くらいから20歳くらいまでが作業者として採用されていました。

上海でも同じなんですねえ~。
租界地でしたから欧風なのかと思ってました。
2019-03-19-20:15 * Saas-Feeの風 [ 返信 * 編集 ]

無錫

お早うございます。

ここは、南京から帰る途中、汽車の中で見ました。

無錫と言えば、無錫旅情でしたね。大湖のほとり。

西施だけ知りませんでした。
2019-03-19-09:28 * mcnj [ 返信 * 編集 ]

No Subject

上海紀行、楽しく読んでいます。
私が行った時は飛行機とホテルだけ予約して自分で廻ったので
市内中心だけで精一杯、こんな地方までは行きませんでした。
こんなに盛沢山であの金額は凄いですね!(@@)
2019-03-19-08:37 * zooey [ 返信 * 編集 ]

ニョキニョキ!

高層マンションの多さにはビックリです。
人口の多い都市とは聞いていましたが、こういう光景を目の当たりにすると、実感しますね。
大気汚染も問題ですね。
中国の地名や人名はなかなか素直に読めません。(笑) 
目的地はその昔、演歌に歌われていました。
現代の美女たちに拍手!

2019-03-19-08:22 * 源さん、 [ 返信 * 編集 ]

高層マンション!

上海は地震がないのかしら?
上に建てていくしかないくらいに
人口が密集しているんでしょう(@_@。

太湖石が敷き詰められたお庭は
とても趣きがありますね。
昔の名残が感じられて素敵です。

お料理も美味しそう(#^^#)

中国の四大美人も良いですが
現代の美女さんも最高ですよ(^^)/
2019-03-18-17:05 * きっしぃ [ 返信 * 編集 ]