FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 旅行 › 阿闍梨様にお会いしてきました。
2018-06-26 (Tue) 08:28

阿闍梨様にお会いしてきました。

01f911ebb067e9b911b0751b12e3f44b163f3d52ca-20180625.jpg

昨年の秋、千日回峰を満行された
釜堀浩元阿闍梨さまにお会いするため
比叡山山中の無動寺へ。

比叡山ゆきの坂本ケーブルの坂本駅です。
坂本ケーブルは昭和2年から開通しており、
信仰の山をなるべく傷つけることないよう
山中を走るケーブルが見えないように敷かれたそうです。
日本最古のケーブルであり、最長のケーブルということで
びっくりしました。

016df77db1a738c3bd2eb9e37247183d4502420bf4-20180625.jpg

この日は爽やかなお天気でしたが、
山頂は15度だそうです。
カーデガンを羽織ってきて正解でした。

015970db4ca4d82e16d5b8ef11e4690bdb9cfa42d1-20180625.jpg

さて、ケーブルが出発しました!
すごい傾斜です。
上部に電車のような架線はなく
ケーブルを巻き上げる力で上っていきます。
同時に巻き戻しながら下っていきます。
ケーブルが切れたら・・と思うと怖いですね。
でも、昭和初期から事故はないようです(*^▽^*)

01d5167d0a686b3d31667460d401ac53461fb1f1ae-20180625.jpg

レトロな延暦寺駅の駅舎

0111ceb681c6c6b70517b8c331dad06af6a0800f7f-20180625.jpg

駅舎の裏手に回ると、
弁天様の鳥居が建っています。
無動寺の途中に弁天様の神社があります。

01a12b7aaf401c0354bdd41c7bb61564b65cbfb972-20180625.jpg

今回のツアーを企画してくれた
仲良しのロミちゃんと
閼伽井の前で一緒に♪

この閼伽井(神仏に捧げるお水の井戸)のお水、
千日回峰の修行中、午前2時に
明王堂へ運ぶのだそうです。
最後の9日間は断食断水不眠不臥不休で
10万回のお経を唱え
行を完結できなければ自害という
結果の待っている厳しい業の中、
200mほど離れたお堂までの距離も
どれほど厳しい道程だったのだろうと
圧倒される気持ちで歩きました。

01885a7f2f5e8e71aed59f8422c4aaeef53aaab371-20180625.jpg  

弁天様の入り口です。

01810ee1b86646ae43ac468c2798fbcedef109a9fd-20180625.jpg 

やっと無動寺の明王堂に辿り着きました。
駅から山中を歩くこと15分くらいでしょうか。
普通、神社やお寺は階段を上って
お参りするのですが、こちらは坂を下るのです。
一人で歩くのは誰もいないのでちょっと怖いかも。
行きはヨイヨイ、帰りはコワイ。
帰りに坂道を上ります。

076-20180625.jpg 

境内には日吉神社と相應阿闍梨の像が建っています。

083-20180625.jpg

お護摩を焚いていただいたあと、
阿闍梨様からお加持といって、両肩と頭を
ポンポンと叩いていってもらいます。
そのときにお願いしたいことを
一心に拝みます。
いろいろとお願いしたいことがありましたが、
感謝の気持ちしかありませんでした。
すごいパワーで気が動転してしまって
素直な気持ちになれたのかもしれません。

そのあと、お昼を頂戴しました。
食事中は無言。食べることに集中します。
修行中の小僧さんたちが作った
精進料理ですが
素材の味が伝わる美味しいお料理でした。
動物性タンパクを口にすることなく、
毎日30キロの山道をものともせず
歩き続ける修行。
人間は、お肉を食べなくても
生きていけることを
証明できましたね。

食後、阿闍梨様と一緒に
お話しする時間がありました。
天上の方かと思いきや私たち俗人に
話しをあわせてくださる楽しい方という
印象のほうが強かったです。
失礼ですが、とても身近に感じることができる
阿闍梨様でした。

お護摩の最中はもちろん、
食事も修行の一部のため写真はありません。

01158ca23fcb4a31efb0884d401e5b933635dff897-20180625.jpg

無動寺への道

105-20180625_201806251805564e9.jpg

千日回峰の拠点となる玉照院の
境内の栂(ツガ)の木の根っこ

ここまで阿闍梨様ご本人も同行されて
案内してくださいました。

3年前に倒壊の危険性大と樹木医に診断され
伐採されてしまいました。

01592a68aa4f730e93da22cbafb2184b90479d72c4-20180625.jpg

今回、阿闍梨様からいただいた
お数珠はこの栂の木から作った
お数珠だそうです。
大切に身につけさせていただきます。

今回も楽しい旅でした。
その後、実家で両親の介護と
片付け、頑張れました(* ॑꒳ ॑* )⋆*

関連記事

最終更新日 : 2018-06-26

* by やっこ
☆源さんへ
源さんは以前も京都の八瀬のほうからケーブルに乗られたと
言われていましたね。
帰りはそちらから降りようかと思いましたが
時間がわからず、結局JRで帰りました。
阿闍梨様は何時でもいらっしゃるわけではないのですが
どなたでもお護摩は参加できます。

☆秋風春風さんへ
千日回峰の厳しい修行はまさに死と隣り合わせ。
真夜中に真っ暗な山中を歩く(走る?)のですが
一歩踏み外せば谷の底のようなところもたくさんあり
集中力もなければ走破できませんし、しかも
天候の良い時も悪い時もあり、足元はわらじです。
雪が積もったら大変だろうなあと思いました。
本当に超人です。
自分のためではなく、私たちの幸せを願っての修行です。
そんなすごい阿闍梨様にお会いできるだけでも
幸せなことです。
感謝の気持ちは湧き上がってくるものだと認識しました。
そんな阿闍梨様がいらっしゃるお山ですから
事故なくケーブルも運行できているのかもしれません。

やっこさん^^こんにちは♪ * by 秋風春風
阿闍梨様・・・我々の訓練など足元にも及ばない壮絶な修行ですね!
ここまでして人の道を説く素晴らしい阿闍梨様になれるのですね。
まさに超人です。

やっこさん^^修行お疲れ様でした♪
阿闍梨様に会いに行かれるなんて凄い方ですね。
日本最古のケーブルカー、これも凄い経験ですよね。
今でも無事故で動いてるんですね~整備や安全運転技術が高いのだと思いました。

延暦寺! * by 源さん、
源さんは坂本ではなく反対側から登りました。
坂本側ほど急勾配ではありませんでした。
阿闍梨様って、行けば会えると言うようなことではないんでしょうね?

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

やっこ 

☆源さんへ
源さんは以前も京都の八瀬のほうからケーブルに乗られたと
言われていましたね。
帰りはそちらから降りようかと思いましたが
時間がわからず、結局JRで帰りました。
阿闍梨様は何時でもいらっしゃるわけではないのですが
どなたでもお護摩は参加できます。

☆秋風春風さんへ
千日回峰の厳しい修行はまさに死と隣り合わせ。
真夜中に真っ暗な山中を歩く(走る?)のですが
一歩踏み外せば谷の底のようなところもたくさんあり
集中力もなければ走破できませんし、しかも
天候の良い時も悪い時もあり、足元はわらじです。
雪が積もったら大変だろうなあと思いました。
本当に超人です。
自分のためではなく、私たちの幸せを願っての修行です。
そんなすごい阿闍梨様にお会いできるだけでも
幸せなことです。
感謝の気持ちは湧き上がってくるものだと認識しました。
そんな阿闍梨様がいらっしゃるお山ですから
事故なくケーブルも運行できているのかもしれません。
2018-06-27-08:50 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

やっこさん^^こんにちは♪

阿闍梨様・・・我々の訓練など足元にも及ばない壮絶な修行ですね!
ここまでして人の道を説く素晴らしい阿闍梨様になれるのですね。
まさに超人です。

やっこさん^^修行お疲れ様でした♪
阿闍梨様に会いに行かれるなんて凄い方ですね。
日本最古のケーブルカー、これも凄い経験ですよね。
今でも無事故で動いてるんですね~整備や安全運転技術が高いのだと思いました。
2018-06-26-20:59 * 秋風春風 [ 返信 * 編集 ]

延暦寺!

源さんは坂本ではなく反対側から登りました。
坂本側ほど急勾配ではありませんでした。
阿闍梨様って、行けば会えると言うようなことではないんでしょうね?
2018-06-26-17:52 * 源さん、 [ 返信 * 編集 ]