FC2ブログ

2月のお茶のお稽古



2月のお稽古、今月のお棚は梅の小袖棚でした。
梅の花の形にくりぬかれた窓と支柱が竹。
小粋な棚です。



棚の上のお茶器は堆朱です。
たたみの上のお茶入れはお濃茶用のものです。



今月の花
梅、蝋梅、サンシュユ、椿と寒芍薬

クリスマスローズは和名が
「寒芍薬」とか「初雪おろし」と呼ばれているそうです。
お茶花には洋花は使わないので、
クリスマスローズも和名で記載されるようです。

お軸を撮り忘れましたが
昨年のお軸と同じ大徳寺の住職の
「鶴声千年松」でした。




寒い時期は縦長のお茶の冷めにくい
筒茶碗を使います。
昨年、筒茶碗のお手前を習ったのに
すっかり忘れていました。

筒茶碗の茶巾の扱い、お茶碗の持ち方、
お茶を点てるとき、少しお茶碗を傾けるのが
特徴です。

筒茶碗のお稽古は年に1.2度なので
いつも忘れてしまってます(^^ゞ



お干菓子は
ひなあられ、落雁、味噌煎餅でした。



テーブルの上にふきのとうが活けてありました。
もう、出てるんですね~。

昨年の2月のお茶のお稽古はこちら
関連記事
やっこ
Posted byやっこ

Comments 2

There are no comments yet.
やっこ

やっこ  

☆源さんへ
2月のお茶は、真冬のイメージです。
お茶が冷めないようなお茶碗を使います。
梅の花は1月、2月に咲きますが、春のイメージかな?
家でも時々お抹茶をいただきます。
普通のお茶と違って、ゆったりとした雰囲気を作ることが出来ます。
ふきのとうは、野原を歩いて先生が見つけてきたようです。
お茶をしていると、お花を探すのも上手になります。

2018/02/21 (Wed) 22:22

源さん、  

お茶にしよっ!

2月のお茶は春のイメージでしょうか?
でも、まだ寒いですね。
温かいお茶が美味しいです。
やっこさんはご自宅でも、抹茶お飲みになるのですか?
源さんはせいぜい抹茶入り玄米茶ですね。(笑)
ふきのとう可愛いですね。
天然物かな?
ふき味噌や天ぷらが美味しいですね。
春の一品です。

2018/02/21 (Wed) 17:21

Leave a reply