15年

074-20170909.jpg

今日は9月9日。
重陽の節句。
菊の節句とも言われています。

そして、最愛の祖母の命日でした。
亡くなって15年。

あっという間だったのか、長かったのか!?

亡くなってからも、いつもやっこのそばに
いてくれるような気がして、
いつも、「おはよう。有難う。おやすみ」の
挨拶はしています。

063-20170830_20170909223703864.jpg

祖母は大病をしたこともなく、
悪いところは膝だけでした。
85を過ぎるころから歩けなくなり、
ほぼ寝たきりになってしまいました。

大好きだった旅行も行けなくなり、
師範の資格を持つ詩吟の声もだんだん弱くなり・・・
が、頭脳は明晰で、手紙はちゃんと漢字も
間違えずに、しっかりとした文章を書いてくれました。

01771bdc943d89f5e76dec4efb667b4c16697162a0-20170909.jpg

足が痛くて、電話口まで出ることも
できなかったので、
やっことのやり取りはもっぱら手紙。
百通以上もの手紙は宝物です。
こうして、文字に残してくれるというのは
いいですね。

写真に写っている手紙は、結婚してすぐの
昭和60年から62年にかけて送ってくれたもの。
この手紙の量の約10倍の手紙が残してあります。

今、読んでみると、

いつも体に気をつけて・・・
ご主人に尽くしてあげなさい。

と毎回書かれています(^^ゞ







その尽くされるべき、
わが主人は、ただいま、遅い夏休みをとって
北アルプス、大天井岳、燕岳、槍ヶ岳を縦走中です。


関連記事

9 Comments

やっこ  

☆hiroさんへ
祖母が生きていた時代はまだ、メールや
携帯電話が広まる前でしたから、やりとりは
手紙が主流でした。
字を書くということは、やはり何にも変えられない歴史なんだなあと改めて思います。
hiroさんもお孫さんたちにたくさんお手紙を書いてあげてください。

2017/09/13 (Wed) 12:23 | EDIT | REPLY |   

hiro  

やっこさん、おはようございます♪
素敵なお婆様だったのですね。
私が生まれた時は父方の祖母は亡くなっていたし、
母方の祖母も幼いころ亡くなってしまったので、
とくに可愛がられたという記憶はありません。
百通以上もの手紙は宝物ですね。
私も孫には良くしてやりたいのですが、
こんなにたくさんの手紙はとても書けません。
手紙は年に3度、プレゼントに添える時だけです。
ご主人様、マラソンだけでなく登山もなさるのですね。
それもひたアルプス縦走とは素晴らしいです。

2017/09/12 (Tue) 06:19 | EDIT | REPLY |   

やっこ  

☆由乃さんへ
祖母からの手紙は、そのときに読んだ感想と
今現在の感想とはぜんぜん違います。
祖母がいたころと亡くなってから、やっこも成長したということでしょうか。

☆MINORIさんへ
祖母には、あちこち連れて行ってもらったり、
たくさんほしいものを買ってもらったり、
おいしいものを食べさせてもらったりしましたが
やはり手紙は残るもので、そのときの心情を
書き記してあるので、何にも変えられない
宝物です。
たくさん書き続けてくれた気持ちに感謝です。

たくさんいい思い出を作ってもらいましたが

2017/09/11 (Mon) 10:21 | EDIT | REPLY |   

MINORI  

こんばんは(*^_^*)

お婆さんからの大切な手紙は宝物ですね。
手紙って残るから大切にしたいよね。
いい思い出ですね。

2017/09/10 (Sun) 22:55 | EDIT | REPLY |   

由乃  

お婆様からのお手紙
素敵ですね~
いつも読み返して、当時の事が思い出されますね
大切な宝物ですね

2017/09/10 (Sun) 20:54 | EDIT | REPLY |   

やっこ  

☆mcnjさんへ
はい、とってもやさしい祖母でした。
今思えば、こんなにもたくさん手紙を書いてくれたというのは、四六時中、やっこのことを
考えていたんだろうなぁと思います。
祖母に最後に会った15年前の9月8日は
今日の様に残暑の厳しい日でした。

☆フジマサさんへ
本当ですね、自分はいろんな人に支えられながら
生きてきたんだなぁとわかるようになってきました。
そんな中で祖母は特別な存在でした。
いつも、目の中に入れても痛くない孫ですとやっこのことを紹介していました。
目の上のたんこぶの様な存在だったのに、
ずっと愛情を降注いでくれたのを、手紙を読んで
新たに再確認しました。(今ごろ!?)

フジマサさんも山がお好きですか?
もうちょっとすると、涸沢カールの紅葉が見ごろですね!
やっこも一度みてみたいと思っています。

☆源さんへ
実のお兄様が亡くなられたのですか?
ご愁傷様です。
小さいころから源さんと仲良しだったお兄さんだったのでしょうか?
大人になってからはなかなか一緒に行動することもなかったと思いますが、やはり実の兄弟とのお別れは格別に淋しいものだと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
きっとお兄さん、源さんのそばで応援してくださいますね。
お兄様の分も長ーく健康でいてくださいね。

2017/09/10 (Sun) 19:41 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

いつもそばに…

お婆様のお話、時々書かれていましたよね。
今でも、いつもやっこさんのそばにいらっしゃることでしょう。
源さん事ですが、先日、兄を亡くしました。
7日が葬儀でした。
身内が亡くなると、凄く悲しいですね。
義姉や姪はとても辛かったと思います。
でも、優しかった兄の事だから、きっと二人のそばでいつも見守ってくれているでしょう。

2017/09/10 (Sun) 12:04 | EDIT | REPLY |   

フジマサ  

本当に

自分が年をとっていくと、お世話になった人たちのこと、つくづくありがたく感じます。
やっこさんの心の中に、おばあさまはずっといるのですね。

ところで、ご主人、槍ヶ岳なんてスゴイ!
きっと最高の天気でしょうね。
私も涸沢まで行ってみたいです。

2017/09/10 (Sun) 11:34 | EDIT | REPLY |   

mcnj  

お早うございます。

優しいお祖母様だったのですね。

9日は、菊の節句でしたか。

今日は、もう、10日、9月も、1/3終わってしまいましたね。

2017/09/10 (Sun) 06:55 | EDIT | REPLY |   

Add your comment