山手234番館 五月のお節句



山手234番館の五月のお節句の設えです。
菖蒲の花のタペストリーと鎧兜



可愛い京人形
鹿角の鎧は
真田幸村?
本多忠勝?



ドレッサーの置いてある部屋の
ミシンの上には
鐘馗様が睨みをきかせていました。





お節句のテーブルセッティング
グリーンが清々しいです。



サイドテーブルには
お節句のお菓子も。



234番館のハンギングは
いつも季節のお花が咲いていて綺麗です。


関連記事

4 Comments

やっこ  

☆源さんへ
そうですね。5月のお節句は凛々しい感じですね。
鐘馗様のお人形は大人でも怖い感じでした。
ちまきは笹の葉っぱを巻くのに手間がかかるからでしょうか?
あまり見ませんね。

☆ココアさんへ
ココアさんのお宅でも今なおお節句のお飾りを
されているのですね。
うちは主人の鎧兜だけもらってきてあるのですが、
何年かに一度しか出してません(^^ゞ
234号館のブーケ風のお花、きれいにまとめてありました。


☆源さんへ

2017/05/07 (Sun) 12:49 | EDIT | REPLY |   

ココア  

立派な兜ですね。
我が家も、毎年一応簡単に飾るので、先ほど片づけたところです。
アレンジもブーケみたいで素敵ですね。
ハンギングも、爽やかで初夏を感じます。

2017/05/07 (Sun) 12:06 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

今日、山手で…

先月に引き続き、今日、山手に行って来ました。
アメリカ山公園に出た時に、以前やっこさんがアメリカ山公園の話題を書いていたのを思い出し、今回はアメリカ山公園をゆっくりと見て歩きました。
たくさんの人が訪れていて、ランチ時にはパンの移動販売車が来ていましたよ。
花たち、綺麗でした。

2017/05/06 (Sat) 18:51 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

男の子は勇壮!

立派な鎧兜ですね。
端午の節句、男の子の飾りは女の子みたいな華やかさよりも、凛々しい勇壮な感じでしょうか。
しょうき様の睨み迫力ありますね。
「せいくらべ」の歌には「ちまき」が出てきますが、実際のところ「かしわ餅」のほうがメジャーですね。
「ちまき」も美味しいのにね。

2017/05/04 (Thu) 17:31 | EDIT | REPLY |   

Add your comment