柳下邸のお雛様

柳下邸のお雛様

001-20170308.jpg

こちらの洋館は磯子区の柳下邸
大正時代に建てられました。

002-20170308.jpg

こちらの日本家屋が続いています。

005-20170308.jpg

白梅が満開でした。

150-20170308.jpg

江戸後期から昭和時代までの
お雛様がたくさん飾られています。




母が生まれた年(昭和10年)のお雛様

018-20170308.jpg

昭和20年代の御殿雛

133-20170308.jpg

お内裏様ではなく、この方は天神様
学問の神様です。
12月25日から1月25日まで飾るのが
正式なんだそうです。

128-20170308.jpg

お道具
茶道のお道具やお化粧道具

125-20170308.jpg

古い羽子板も飾ってありました。

明日に続きます
関連記事

2 Comments

やっこ  

☆モニターTさんへ
Tさんも行ってこられたのですか!?
午前中のみ時間があったので、急いでまわってきました(^^ゞ
スタッフの方の説明もあったのですね?
ゆっくりと聞いてみたかったです。
ご自分のお雛様がこうやってすばらしい場所に飾られて、いろんな方に見てもらえるというのは
嬉しいでしょうね~。
実家のお雛様も飾ってほしいなぁ。

2017/03/09 (Thu) 09:01 | EDIT | REPLY |   

モニターT  

私も先日一人で柳下邸行ってきました。閉館ぎりぎりの4時半到着でしたが、色々スタッフからお話をうかがい、感動のひと時でした。お雛様を寄贈された柳下家をはじめ年配の女性たちが毎年飾り付けに来られるそうです。やはりお雛様には女性にとってそれぞれの深い思いがあるのですよね。

2017/03/08 (Wed) 21:35 | REPLY |   

Post a comment