ブレッドナイフ



やっこ家ではいつもホームベーカリーでパンを焼いているのですが
せっかくふっくら焼けても、パンをスライスする時に
ナイフが切れなくて、四苦八苦していました。
今まで使っていたブレッドナイフは、
何十年も使っているもの。



1斤のパンがなかなか6枚切りに切れませんでした。
特に焼きたては、パンがつぶれてしまって
残念なことに・・・

ブレッドナイフって、刃がギザギザなので
ふつうの包丁のように研げないので
切れなくなったら、もう諦めるしかないみたいなんですよ。



[いいかげんにブレッドナイフ買ったら?] と主人に言われて
やっとその気に。

どうしてずっとこんな切れないナイフを使っていたかと言うと
実家のズボラな母がいつも言ってた
「○鹿とはさみはつかいよう・・・」
という諺がアタマの片隅にあったからかも。
母は切れない刃物を扱うのは
天才的なところがあったのです。
少しねかしてみたり、切るものをピンと張ったり・・・と
工夫すれば、ちゃんと切れるからと
教えられてきたからでしょうか!?

さて、ナイフ選びはというと、
たくさんある中から、切れ味抜群とクチコミで書かれていた
藤次郎のブレッドナイフに決めました。
一度にさっと切れるよう、刃渡りの長いものを選びました。



刃が細かいギザギザになっていて、
前に使っていたナイフは刃を触っても
痛くなかったのに、これは指先が切れてしまいそうです。



スーッと6枚切りがきれいに切れました。
パン切りのストレスから、開放されました\(^o^)/


関連記事

5 Comments

やっこ  

☆源さんへ
息子さんは色々とこだわりがありそうですね。高い道具はやはり長持ちするし、使いやすいものが多いですね。
「藤次郎」の包丁は文化包丁も持っていますが、
切りやすいので、ブレッドナイフも、
きっと切れ味がいいだろうと思い買いました。

☆mcnjさんへ
これまでパンを切る時、潰れないように、
ぼろぼろにならないよう、力加減と押さえ加減を
考えながら切っていたのですが、
楽に切れるようになりました。
こんなことなら、母の言葉は無視して、
早く買えば良かったです(笑)

☆くちかずこさんへ
お嬢さんからと外国製のブレッドナイフを
お持ちなんですね。
貝印もちょっと心動かされましたが、
今回は藤次郎にしました。
包丁研ぎ、高いですね。
やっこは砥石を買って
自分でせっせと研ぎます。

☆hiroさんへ
40年物のブレッドナイフ、
今なお、現役なんですね。
冷凍食品が切れるくらいですから
すごいですね。

2016/12/21 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   

hiro  

やっこさん、こんにちは~♪
○○とはさみは使いようではなかったのですね。
新しいブレッドナイフは切れ味もよく、気持ちが良いですね。
私は40年も前に買った冷凍・パン切包丁を使っていますが、
最近はホームベーカリーでパンを焼くことが無くなったので
冷凍食品ばかり切っています。
間違いなく切れ味は悪くなっているでしょうね。

2016/12/21 (Wed) 11:28 | EDIT | REPLY |   

くちかずこ  

そう、砥げないが残念ですよね。
我が家、大きいのは貝印で、いつか娘からのプレゼントで。
小さいのはドイツ製だったか、フランス製だったかのブランドですが、カラフルで可愛いです。
焼きたてパンは特に切りにくいですよね。
くち子は、今日、包丁が全て研ぎから返ってきました。
研ぎ代だけでも、7千円弱。。。

2016/12/20 (Tue) 20:40 | EDIT | REPLY |   

mcnj  

何とかハサミは、使い方で、何とでもなりますが、
ナイフはそうはいきませんでしたね。

特に、ブレッドナイフは、切れ味が鈍ったら、もう、
お終いです。

新品の切れ味を、楽しんでください。

2016/12/20 (Tue) 11:12 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

ナントかとハサミ…

ふふっ、ひさびさに聞きましたよ、このフレーズ。(笑)
ブレッドナイフはウチにも一応あります。(笑)
ごくたまにフランスパンのバケットを切るぐらいです。
家庭で食パンを焼く時は必要ですね。
特殊な包丁だから、使い捨てなんだね。
テレビで見ましたが、いいナイフは切りカスが出ないで切断面もスゴく綺麗なんですね。
ウチでは料理包丁を買い替えようかと話しています。
息子が調理する時に指摘されました。
やはり、それなりの物を買ったほうがいいでしょうね。
「安物買いの銭失い」にならないように。(笑)

2016/12/20 (Tue) 08:25 | EDIT | REPLY |   

Add your comment