2016 ブラフ18番館のクリスマス

525-20161208.jpg

今回の連載、いちばん最後は
ブラフ18番館です。

大きなイチョウに囲まれて
鮮やかな赤い屋根と窓枠の緑が
とてもよく映えます。

緑 白 赤

イタリアンカラーです。

そう、日本と国交樹立して
150年を記念したイタリアの
クラッシックなクリスマスが
ブラフ18番館のテーマです。

そして黄色は今回のテーブルセッティングに
飾られているものと同じですよ。

537-20161208.jpg

玄関を入ってまず目に飛び込んでくるツリー

540-20161208.jpg

イタリア風のテーブルセッティングには
黄色いレモンが、盛られています。

548-20161208.jpg

クラッシックなクリスマスというよりは
初夏の雰囲気。健康的な雰囲気です。

546-20161208.jpg

唯一ろうそくの飾りのエンジェルがクリスマスっぽいでしょうか。

557-20161208.jpg 

 応接室にはキリスト生誕のお人形が飾れていました。

  582-20161208.jpg

クリスマスツリーと黄色いイチョウ

594-20161208.jpg 

とっても手の込んだ刺繍の靴下

575-20161209.jpg

イタリアのケーキ パネトーネとお茶のセット

560-20161208.jpg

573-20161209.jpg 

お隣のリビングルームにもテーブルセッティングがありました。
ピサの斜塔がいいですね。

 
579-20161208.jpg 

ナフキンリングはリースのようです。

 
 こちらのテーブルセッティングもすっきりとした
デザインでした。

588-20161209.jpg 

階段の照明に飾られたオーナメント

 
606-20161208.jpg

2階の廊下のつきあたりには
テーブルセットと黄色い窓。

589-20161209.jpg 

さりげなく活けられたクリスマスっぽいグリーン

 600-20161208.jpg 

ベッドルームのオーナメント
シンプルですが、ピンク色のリボンが愛らしい。

 
601-20161208.jpg 

いつものベッドのサイドテーブルには
ロザリオとマリア像が加えられていました。

 605-20161208.jpg

晩秋の装いの桜

 532-20161209.jpg

晩秋の特等席

 613-20161208.jpg 


山手の洋館のクリスマス、
いかがでしたか。

ブラフ18番館はクラッシックなイメージではなく
健康的なイメージでしたね。

クリスマスの装飾は12月25日まで
開催中です。

どの館も無料で楽しめます。

イギリス館以外はスリッパに履き替えての
見学になりますので、さっと履ける靴を
履いていかれる事をおすすめします。

ロングブーツは靴箱が小さくて入らないところも
ありますのでご注意くださいね。
 

やっこはもう一度お友達と
楽しんでこようと思います。


関連記事

3 Comments

やっこ  

☆源さんへ
イタリアはカトリックの国ですから
クラッシックなクリスマスというと
荘厳な装飾なのかと思ったら
全然それらしいところがありませんでした。
クリスマス料理は日本が一番ごちそうだと思います。

☆ココアさんへ
きっとココアさんと一緒に回ったら
いろんなコメントをしてもらえるだろうなぁと
思いましたよ。
ベトナムの雰囲気が伝わりましたか~!?
なかなかおもしろい展示でした。

2016/12/11 (Sun) 09:16 | EDIT | REPLY |   

ココア   

山手のクリスマス、楽しみましたよ。
ありがとうございます。
ベトナムに行ってきたばかりなので
ベーリックホールのクリスマスも気になりました。
ノンラー(笠)をかぶったサンタさんも面白いし
ベトナムの雰囲気があふれて素敵でした。

2016/12/09 (Fri) 17:54 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

イタリアン?

クリスマス的な飾りは少ないみたいですが、ワンポイントの飾りがアクセントになっていますね。
海外のクリスマス料理って、どんなんでしょうね。
日本みたいなケーキは食べないのかな?
源さんの後輩の家ではクリスマスの締めにうどんを食べるそうです。(笑)
イタリアだとパスタにピザかな?(笑)

2016/12/09 (Fri) 15:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment