花の器のハーモニー ブラフ18番館

花の器のハーモニー ブラフ18番館

 
花と器のハーモニーが今年も山手の洋館全館で始まりました。
今年のテーマは「Living with flowers ~横濱~」
花と共に生きるのか、生活するのか・・・いろいろ訳はできますが
とにかくお花がいっぱいのすばらしい展示です。

コーディネーターの方々の意気込みが感じられます。

(写真をクリックすると大きくなります)


2016-06-10 077

写真はブラフ18番館玄関に飾られた八重のユリ
今回はゆりが多く使われて、どの館に行っても
ユリの芳香に包まれていました。

018083b8f0b0645dbd6119fba5aab529aa9260ad13_201606111248008c8.jpg

いつもは殺風景なブラフ18番館の玄関ですが
白樺の木とそこに吊るされたお花がたくさん。
とても華やかです。

2016-06-10 079

白樺の木の根元にはティーセットが飾られています。

ブラフ18番館のフラワーコーディネーターの
レン・オークメイド氏が蝶がお好きだそうで、
蝶をモチーフにした小物が所々に飾ってありました。

2016-06-10 005

1階の廊下の突き当りには
夏を思い起こさせるお花たち。

010aa7bcc4de72380547cb42751af1694900033398.jpg

ダイニングルームは苔の生えた
森林の雰囲気。
新鮮な緑と苔がお部屋に清涼感を
もたらしています。

2016-06-10 017

お花の色もグリーンに統一されています。

2016-06-10 019

2016-06-10 008

あしらわれた食器もグリーン、カトラリーも
木の枝を模しています。

2016-06-10 014

白樺の皮で巻かれたモス(苔)
その上には蝶が止まっていました。

0143681af8b516f29043dc2966c4747f79429e3136.jpg

リビングルームに飾られた大きな作品
ピンク系のお花でまとめられています。

2016-06-10 050

 
2016-06-10 046

ティーポットやワイングラスが置かれていました。

2016-06-10 047

テーブルの足元を見るとお花を挿した
ワインボトルがぶら下げられていました。
遊び心が感じられます。

016c7ae25b11220dca8446ceeec0d9a75f706f1fe2.jpg 

サンルームはこちらも背の高い
オレンジ色のユリの作品が飾られています。
毎回こちらは籐で編まれたテーブルセットの上に
季節の花がちょこんと飾られていることが多いのですが
こんなに大きなお花が飾られているのは
とても珍しいです。

2016-06-10 036 

フラワーコーディネーターのオークメイド氏がちょうど
お花の生け直しに来ていました。
日本語がとても上手で、ジョークを交えながら、
丁寧にお花の説明してくださいます。

01650909901909d2683b25faa23c3a6bf85465052c.jpg 

階段お踊り場には黄色いユリが飾られています。

010ebcd4bdd56201abfadf39025a50d855fc3f8ac0.jpg 

2階の寝室です。
こちらにもすばらしい百合を使った
やさしい色合いの作品が飾ってありました。

2016-06-10 061

寝室に飾られた
ピンクのユリとグロリオーサです。


いったいこのお屋敷のお花の総額は
いくらになるんだろう・・・?
と、余計な心配をしてしまったやっこです。

まだまだそんなゴージャスなお花が
飾られた洋館がこれからも続きます。
お楽しみに~!

花と器のハーモニーは本日12日まで開催中です!!
今年の展示は本当にすばらしいです。
ぜひ、ご覧になってみてください。





関連記事

5 Comments

やっこ  

☆pacoちゃんへ
ブラフ18番館の装飾は今回一番豪華でした。
どれだけ花材を使ってるんだろう~!?と
お花の値段もすごいはず!!

pacoちゃんもS先生のご指導を受けたのですね。
S先生はおばあちゃまなのに、しゃんとして、でも
とても人当りはソフトで憧れの先生でした。
やっこは高校3年間と、大学時代は大学のそばの先生、そして、結婚する前に実家に戻ったとき、
約1年間をまたS先生にお世話になりました。
けっこう習ったつもりですが、ぜんぜん忘れています^^

2016/06/14 (Tue) 07:49 | EDIT | REPLY |   

paco  

ゴージャスですね!
”外交官の家”を見てからこちらを見たので
その差にビックリ!

小原流、高校の華道部の先生がそうでらっしゃいましたよね。 嫁入り直前の半年間もその先生にお世話になりました。(付け焼刃もいいとこですが(笑))

2016/06/13 (Mon) 13:47 | REPLY |   

やっこ  

☆mcnjさんへ
花に囲まれた人生、目指したいですね・・・
野花でもいいので。
オランダ人の方のアレンジですが大胆かつ
かわいかったです。
男性の作品とは思えないところもたくさんありましたよ。

☆源さんへ
昨年も外交官の家でユリばかりの
展示がありましたが、今年は全館でユリを
ふんだんに使った展示でした。
ユリの花の香りはむせ返るような芳香。
暑い日には香りもきつくなり、苦手な人は
苦痛かも。
普通の家では、大邸宅でない限り、なかなかこんなたくさんのお花は飾れませんね~(´-ω-`;)ゞ

2016/06/13 (Mon) 09:00 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

お見事!

相変わらず素晴らしいアレンジですね。
百合の花は素敵ですが、香りが強いのでニガテです。(笑)
こんな飾りを実際に家庭で飾り付けたら、どうでしょうね。
いろんな意味で大変でしょうね。(笑)

2016/06/12 (Sun) 17:54 | EDIT | REPLY |   

mcnj  

花に囲まれた生活、いいですね。
充実した人生が送れそうです。

アレンジも力作そろいです。
素晴らしいですね。

2016/06/12 (Sun) 11:38 | REPLY |   

Post a comment