横浜イングリッシュガーデンの紫陽花 2

アジサイって、いろんな種類があって
奥が深いなぁとつくづく思います。

ひとつのお花でもつぼみから
満開になるまでに
いろんな色や形に変わったり
ドライフラワーになっても楽しめるものも。

花びら(本当はガク)の中に
お花が咲いているもの、
宝石のように小さい花が
集まっているもの、
ひとつひとつが色とりどりで
見入ってしまいます。

こんなことに気づいたのは
大人になってからでしょうか。
高校生になるまで、アジサイは
ふつうのアジサイだけだと思っていたし。
色の変化も気づかなかった。

歳をとるってこういう経験の
積み重ねなんですね。


169_20160602074340b5c.jpg

271.jpg

084_2016060207503317b.jpg

345_201606020741260d0.jpg 
256_20160602074207fde.jpg 

366_20160602073926836.jpg 
389_20160602073928fd3.jpg 

342_2016060207404098e.jpg 
関連記事

3 Comments

やっこ  

☆mcnjさんへ
土手のアジサイ、ゆっくりと成長して
きっとつゆの長雨に備えているんだと思います。

☆源さんへ
今のような園芸品種が出回るようになったのは
ここ10年くらいの間ですね。
家で育てると、花が咲かなかったり、掛け合わせる前の姿になってしまったり、なかなか難しいところもあるようですね。

2016/06/04 (Sat) 10:36 | EDIT | REPLY |   

源さん、  

人生は学習!

たぶん、子供の頃は紫陽花の種類もこんなには多くなかったでしょうね。
うちの周りでも、まだ咲いていないです。
来週あたりから、はっきりしない空模様になりそうですね。
梅雨入り間近でしょう。

2016/06/03 (Fri) 16:18 | EDIT | REPLY |   

mcnj  

よくさいていますね。
今朝も見に行ったのですが、まだまだでした。

2016/06/03 (Fri) 11:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment