やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Entries

里帰り 7

008_20160514001042158.jpg

永源寺をあとにして向かった先は
愛荘町というところ。

実はこの日の前日、
実家にある電話がかかってきました。
電話の主は幸代さんという女性。

幸代さんは母と同級生で醒ヶ井に疎開しているころ
とても仲良しだった方なんです。

小学1年生から1~2年しか醒ヶ井にはいなかったのに
ずっと「心の友」だったらしいのです。
この関係、ただ者ではありませんよね。。。

母は転校した後、大阪、広島と転々として
三重に戻りましたが、
その間もずっと文通をしていたようです。

お互いに結婚をしたあと、
音信普通になってしまいました。

あるお正月、母の結婚の挨拶に書いたはがきを
なくしてしまった幸代さんは、もう会えないかも・・と
一縷の望みにかけて、母の嫁ぎ先の店名だけを頼りに
「四日市市 ○○株式会社 母の名前」だけ書いて
年賀状を送ってくれました。
その年賀状が奇跡的に母の元に届き、
母も大喜び!!
それから又、文通が復活しましたが
お互いに家業が忙しく隣の県であっても
会うということは難しく、何年かたちました。

やっこが小学校5年生の夏休み、
幸代さんはかっこいいマークⅡを運転して
四日市の実家をたずねてくれました。

20数年ぶりの再会。
小学生から30代半ばまで会えなかった2人が
手を取り合い泣いていたのを覚えています。

それからもう一度再会を果たして、
また手紙のやり取りが続いていたのですが・・・

あるとき、幸代さんから
家の商売がうまくいかず
お付き合いできない・・というような内容の
手紙が届き、その後住所も変わり
音信不通になってしまいました。

母はとても心配していたのですが、
彼女の行き先もわからず、
「幸代さんはどこに行ったのかな~?
会いたいなぁ」
とよくつぶやいていました。

昨年の秋、醒ヶ井を訪れた時
どこかに知っている人がいるかもしれないと
お年寄りに尋ねてみたりしましたが
手がかりはありませんでした。

母の記憶がうっすらとあるうちに
醒ヶ井に連れて行きたいし、
できれば幸代さんに合わせたいと言う思いから
昨年の秋の旅行を計画したのです。


170_201605140110307d9.jpg 

幸代さんは、現在アルツハイマーを患うご主人とふたり暮らし。
ご自宅で介護の毎日だそうです。
いつもつらくなると思い出すのは母のことばかり。
勇気を出して電話をしようとずっとこの3年
思い続けたそうですが、その勇気と時間がなくて
このゴールデンウイークにやっと電話ができたとのこと。

母はちょうどデイサービスに出ていた日だったので
父が対応し、「また、そのうち、お会いしましょう」と
電話を切りました。

電話の内容を聞いていたやっこは父に
「そのうち、そのうちって言ってたら、行けないから
私のいる明日、行こうよ!!」と提案しました。

高齢者の明日はどうなるかわからないので
善は急げです。
幸代さんも介護で忙しい毎日なので
チラッと予定を聞いてみたのですが、
どうも、通院で忙しいらしい。

けど、ゆっくり話すんじゃなくて、
顔を見せるだけでも
お互いに元気になれるから。
母の記憶ももしかしたら
蘇るかもしれないからと、
強行軍でこっそりと家の近くになったら
電話してみてたずねようということに決まりました。

そして今回の訪問となったわけです。

母は、結局幸代さんのことは
残念ながらわからなかったと思います。
でも、不思議と話は合わせていました。
フィーリングがピッタリのふたりだから
自然と分かり合えるんだろうなぁと思いました。

幸代さんも大喜び。
幸代さんは80代に見えないくらい
オシャレでてきぱきと動ける女性でした。
まだまだ車の運転もしていて
免許の更新も行うと言っていました。

今度は泊りがけで宿をとって
ゆっくり話しましょうと約束をして
お別れをしました。


page_201605140010446db.jpg

再会の後、多賀大社にお参りをしました。
門前の太鼓橋。小さいころ
駆け上った思い出があります。


page2_20160514001045d16.jpg

それから愛知川宿。
お天気は最高ですばらしい1日でした。

関連記事

Comment

 

☆のんきさんへ
近くて遠いお隣の県、滋賀県。
やっと身近に感じられるようになりました。
多賀大社の太鼓橋はすごい角度ですよね。
果敢にも挑戦されたお友達がいらっしゃったのですね。
今回は、立ち入り禁止になっていました。
チャレンジャーが多いのでしょうが、神前で
怪我をされる方も多いのかも・・・Σ(´Д`;)
  • posted by やっこ 
  • URL 
  • 2016.05/17 07:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お母様の記憶は遠のいてしまわれたかも。。ですが、きっと、ピンと光がさしたはず。
お二人がお元気なうちに、また、連れて行って差し上げて下さい。

多賀大社昨年の桜の季節に行きました。
琵琶湖で泊ったかな。。
太鼓橋を渡ろうとした友人。スカートであまりの無謀さにあきれた思い出が。。
  • posted by のんき 
  • URL 
  • 2016.05/16 09:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

☆mcnjさんへ
パッと見、80代に見えない2人です。
小学生の1~2年だけのお付き合いで
こんなにも思っていただける友達がいるなんて
母も幸せ者です。
石榑トンネルができたのでまた、連れて行ってあげたいと思います。
  • posted by やっこ 
  • URL 
  • 2016.05/15 14:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

よいお話を聞かせていただきました。
お2人とも、お元気です。
また、再会できればいいですね。
  • posted by mcnj 
  • URL 
  • 2016.05/14 07:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

やっこ

Author:やっこ
楽しいこと、美味しいもの、旅行、
街歩き、ガーデニングが大好き。
カメラの趣味も増えました。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

FLOWERS

お花を中心としたアルバムです。

月別アーカイブ

やっこへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

右サイドメニュー