やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Entries

味の素



「タイでは大量にお料理に投入されているよ!」
というコメントでやっこの同級生のラインが
味の素が話題で盛り上がりました。

そうそう、小さい頃は食卓に味の素がいつもあって
何にでも味の素を振りかけてました。

「味の素を食べると頭がよくなるから」
とも言われました。

もう、50年も前の話です。

それが小学生になる頃、
「味の素は石油でできてるから、体に悪い」
と、実家でも使うことがなくなりました。

近年、「化学調味料」という名前から
「うまみ調味料」と呼ばれるようになり、
サトウキビを精製してできているというCMも流れて
イメージアップされて、我が家でも復活。
おまけでもらった小さな瓶、可愛いでしょう?

本来のおいしさにちょっとプラスもいいかな?と。
やっこはチャーハンや玉子焼きに
少し入れるのが好きです!!

外食すれば、いっぱい摂取してると思いますし、
レトルト食品やだしつゆなどにも含まれてますね。

使い過ぎは何でも良くないですが、
ちょっと入れるとやはりうまみが増します。
この旨みの成分、グルタミン酸は母乳に含まれていて
私たちがまずはじめに口にする
旨みとなっているそうです。

皆さんは使ってますか~?

関連記事

Comment

 

☆そらちゃんへ
そらちゃんのご実家でも味の素は
食卓においてあったのですね。
懐かしいものになってしまった感がありますね。
東南アジアや中国、韓国などではお料理に
たくさん使われているようです。
コストコでも1キロ入りの味の素を買っていかれる方をよく見かけます。
  • posted by やっこ 
  • URL 
  • 2015.12/07 08:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

実家では、私が子供の頃から
台所にあったなぁ~と、なつかしく
思い出しました。
タイでは、たくさん、お料理に
使われているのですね~。
  • posted by そらちゃん 
  • URL 
  • 2015.12/07 02:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

☆pacoちゃんへ
日本人の感覚だと、味の素は容器から
ひとふり、ふたふりくらいの感覚ですが、
海外ではひとつかみという感覚のようですね。
でも、味の素の味は多いとやっこもムリ。
隠し味程度がいいと思います。

 

お砂糖お塩は大量投入すると味的に食べられないですよね。
ところが味の素は大量投入しても食べられちゃうので摂取量を自分でちゃんと管理しないと、ということだそうです。
まぁ、でもいくら大量といっても問題が出るほどの量はなかなか食べれないかと思いますが。。
  • posted by paco 
  • URL 
  • 2015.12/01 09:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

☆ココアさんへ
味の素=石油製品といわれていた
時代がありますが、現在はサトウキビを
発酵させたものを精製して作っているようですね。
ちょっと誤解してたかな~?
いずれにせよ、私たちの世代は小さいころから
いろいろと不自然なものを口にしてますね(T_T)

☆mcnjさんへ
味の素、昔は贅沢品だったみたいですね。
高嶺の花だったものをたくさんふりかけて
食物をおいしくしたいと、終戦後、私たちの
祖父母の世代は味の素を使っていたのでしょう。
味の素の穴の話、祖母から聞いた覚えがあります。
奥様は20年も味の素を保存されてたのですね~。すごい!!
韓国の味元と日本の味の素は微妙に味が違いますか?

☆源さんへ
源さんのお宅では味の素使ってらっしゃるのですね
確かに!たまごかけごはんに少しかけるとうまみが増しますね。
「いの一番」は知ってましたが、「ミタス」は知りませんでした。

☆pacoちゃんへ
pacoちゃんのお宅では使ってないのですね。
たぶん私たちの世代は小さい頃は使っていたけど
大人になってからは使ってない人が多いのかな?
チャイニーズレストランシンドローム・・・何でも大量に摂り過ぎるとだめと言うことですね。
お砂糖や塩も同じことだと思います。
中国や韓国、東南アジアでは大量にお料理に使ってるみたいですね。
コストコに1kg入りの味の素が売ってますが、
買っていかれるのはアジア系の海外の方です。

☆うらんママさんへ
うらんママさんのお宅ではおだしもちゃんと
かつおからとってらっしゃるのですね。
さすがです!!
マーガリンは我が家も10年位前から
使わなくなりましたね。
アメリカでは禁止されているのに日本では
ふつうに売ってるのが不思議です。

☆patchouliさんへ
patchouliさんも使っていないのですね。
以前は味の素は化学製品だといわれていましたが
現在はCMで紹介されているみたいに
サトウキビを発酵させて作っているそうですよ。
添加物でpatchouliさんは気持ちが悪くなったり
お腹をこわしたりされるのですね。
デリケートだわ~。
現在50~60歳の世代は成長期にいろいろな
添加物をたくさんとってきた世代だと思います。
体が慣れてるのかも・・・^^


 

私も使っていません。
外食は仕方ないとして、自ら使わないようにしています。石油のことは知りませんでしたが、基本的に添加物同様の見方で、私の中から廃除されてます(^_^;)
原材料に、アミノ酸が書いてあったら入っているかもしれないですね。
添加物が多いと、私は食べ終わると口内が気持ち悪かったり、お腹を下したりするので、味覚がおかしくなりそうで、その店にはもう行きません(笑)
  • posted by patchouli 
  • URL 
  • 2015.11/28 00:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

味の素、今も売っているのですね(^^;
私が子供のころには使っていましたが、いつからか使わなくなりました。

だしの素もなるべく使わず、カツオ出しをとっています。
レトルトの物など、だんだんと身体が受け付けなくなってきました。
マーガリンも身体に悪いと聞いてからバターonlyにしています。
外食すれば、知らずに食べているのでしょうけどね(^w^)
  • posted by うらんママ 
  • URL 
  • 2015.11/27 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

味の素自体は使ってないですぅ
他の調味料や食べ物もなるべく不使用のものを選びますが、なかなかないんですよね、不使用のものって。
大量に使用する方面では中華料理シンドローム(味覚障害・満腹中枢異常・手足のしびれ)とかいう害もあるとか。。(中国や韓国の方に直接お料理を教えていただいたらびっくりするくらいの量を投入されてました)
今は”アミノ酸等”っていう表記になっていますね。
  • posted by paco 
  • URL 
  • 2015.11/27 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

たまごかけご飯! 

子供の頃から、ずう~っと使っていますよ。
昔はほかにも「いの一番」とか「ミタス」とかもありましたね。
味の素は便利な調味料です。
たまごかけご飯にパッとひとふり、絶品です。

  • posted by 源さん、 
  • URL 
  • 2015.11/27 11:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

昔、味の素は、貴重品でした。
たくさん出ない様に、小さな穴があけてありました。
湿って来ると、穴から出てこなくて苦労したものです。

味の素の会社で、売り上げ増進のアイデア募集があって、社員が、応募したそうです。
その中に、穴を大きく開けろと言うアイデアがあって採用されたところ、売り上げが、3倍にも伸びたそうです。

韓国の石油化学会社が、味の素から技術を導入して
味元(ミウォン)と言う商品名で作っております。
大きなビニール袋で売っております。
20年くらい前に、250円くらいで1袋買って来て、家内に渡したら、10年近く使っていました。
  • posted by mcnj 
  • URL 
  • 2015.11/27 10:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

随分前から使っていません。
以前何かで、体にあまりよくないと読んでからは
使わなくなりました。
昔は、お漬物にも、なんでもかけていましたけれど。
化学調味料は、なるべく使いたくないんですが
何にでも入ってますね。
  • posted by ココア  
  • URL 
  • 2015.11/27 09:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

やっこ

Author:やっこ
楽しいこと、美味しいもの、旅行、
街歩き、ガーデニングが大好き。
カメラの趣味も増えました。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

FLOWERS

お花を中心としたアルバムです。

月別アーカイブ

やっこへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

右サイドメニュー