FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 生活 › 編集中
2013-11-14 (Thu) 09:32

編集中



やっこの所属するボランティアグループは
主に知的障害者や発達障害者への
理解啓発活動を 行っています。

身体に障害がある方は、車いすに乗っていたり、
白杖を持っていたり、補聴器をつけていたりと
パッと見て、または少し話してみると、
その障害が分かりますが、
知的障害、発達障害者は、わかりづらく、
しかも奇異な行動をとることもあるので
近寄りがたいですよね・・。

疑似体験やロールプレイを通して、
そんな彼らの行動やその理由を理解してもらい、 
ある時は見守ってもらえるよう
講座を開いています。

学校、役所、社会福祉協議会、
民生児童委員さんの研修、
自治会の勉強会などいろんなところから
お声を掛けて頂き、活動しています。

講座のあとで、販売させてもらう テキストブックが
底をつき始めたので
急いで第3版に向けての編集作業を
しなくてはならなくなりました。

2013-11-05 050

2008年に初版を出して、2010年に第2版。
2013年に第3版。
500部ずつ印刷していますが、
これまでに1500名近くの方々の
手元に行ってるんですね。。。

・・・ということは1500人以上の方に
受講してもらっているということになります。

受講者全員にテキスト買っていただくわけではないので、
たぶんその倍以上の3000人余りの方たちが
受講されているのかな~?
(小中高等学校の生徒さんの福祉体験授業もしますので
一回に100名~150名という授業もあります)

さて、今月中に原稿を印刷屋さんにお持ちして
来月中に完成させるために、巻きが入ってます。
きちんとした本を世に出すことの
大変さ、生みの苦しみを3度目の体験中です(~_~;)

頑張ろう(^O^)/


関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

* by やっこ
源さんへ
福祉の世界は、目まぐるしく変化して、
制度が変わったり、障害の定義が変わったりしているので、
そのあたりを変えなくてはなりません。
好きな風に書く文章は好きですが、
型苦しい文章は大の苦手です。
まだまだ難産中です。

☆mcnjさんへ
お仲間がいるからできることです。
よく考えてみると、知的障がいと似た症状は
年を取ると少なからず現れてきますから、
自分のため・・ともいえます(笑)

☆pacoちゃんへ
そう、その辺のレベルの人たちが、今はネックなのかも。
自分も廻りも認めてないから。
これまで、「ちょっと変わった子」ですんでいた
子どもたちがどんどん障がいのレッテルを貼られてしまうのもどうかと思います。
レッテルを貼れば本人は助かる?

昔はみんなで見守って、足りないところは助け舟を出していたのに、今は分けられてしまうから阻害されてしまう。
困ってる人に助け舟を出せなくなってしまう。
いろんな人がいて当たり前の社会ではなくなってしまっているのが残念です。
ひとりでも見守ってくれる人がいれば、生き易くなるんですが。

* by paco
ご苦労様です。
発達障害などは知能に問題ない方も多く
それゆえただの変人扱いで遠巻きにされる、
ってことも多々ありますよね。
最近まではそういった発達障害に対する知識や認識が
広まっていなかったので本人も人との違いにわけもわからず悩んだり。
とっても大変な作業かと思いますが とってもとっても
人のためになるお仕事。
身体に気をつけてがんばってください。

* by mcnj
尊いお仕事をされていらっしゃるのですね。
なかなか、出来ないことです。
そうやって、少しずつ仲間が増えて、輪が広がっていくのですね。

編集長! * by 源さん、
2版目、3版目と、内容も少しずつ変わっているでしょう?
引用する部分も多少はあるんでしょうか?
文章を作成するのはいろいろと神経を使うでしょうね。
作文が得意な人はいいですよね、源さんは苦手でしたね。(笑)
産みの苦しみが、安産になりますように…ガンバレ!(笑)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

源さんへ
福祉の世界は、目まぐるしく変化して、
制度が変わったり、障害の定義が変わったりしているので、
そのあたりを変えなくてはなりません。
好きな風に書く文章は好きですが、
型苦しい文章は大の苦手です。
まだまだ難産中です。

☆mcnjさんへ
お仲間がいるからできることです。
よく考えてみると、知的障がいと似た症状は
年を取ると少なからず現れてきますから、
自分のため・・ともいえます(笑)

☆pacoちゃんへ
そう、その辺のレベルの人たちが、今はネックなのかも。
自分も廻りも認めてないから。
これまで、「ちょっと変わった子」ですんでいた
子どもたちがどんどん障がいのレッテルを貼られてしまうのもどうかと思います。
レッテルを貼れば本人は助かる?

昔はみんなで見守って、足りないところは助け舟を出していたのに、今は分けられてしまうから阻害されてしまう。
困ってる人に助け舟を出せなくなってしまう。
いろんな人がいて当たり前の社会ではなくなってしまっているのが残念です。
ひとりでも見守ってくれる人がいれば、生き易くなるんですが。
2013-11-14-22:25 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

ご苦労様です。
発達障害などは知能に問題ない方も多く
それゆえただの変人扱いで遠巻きにされる、
ってことも多々ありますよね。
最近まではそういった発達障害に対する知識や認識が
広まっていなかったので本人も人との違いにわけもわからず悩んだり。
とっても大変な作業かと思いますが とってもとっても
人のためになるお仕事。
身体に気をつけてがんばってください。
2013-11-14-13:51 * paco [ 返信 * 編集 ]

尊いお仕事をされていらっしゃるのですね。
なかなか、出来ないことです。
そうやって、少しずつ仲間が増えて、輪が広がっていくのですね。
2013-11-14-12:50 * mcnj [ 返信 * 編集 ]

編集長!

2版目、3版目と、内容も少しずつ変わっているでしょう?
引用する部分も多少はあるんでしょうか?
文章を作成するのはいろいろと神経を使うでしょうね。
作文が得意な人はいいですよね、源さんは苦手でしたね。(笑)
産みの苦しみが、安産になりますように…ガンバレ!(笑)
2013-11-14-11:47 * 源さん、 [ 返信 * 編集 ]