やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Entries

山口~島根~広島の旅4

2013-09-13 157

出雲大社に近づくと
白砂のきれいな海岸線が見えてきます。
この海岸が稲佐の浜。
大国主大神(おおくにぬしのみこと)と
武甕槌神(たけみかづちのかみ)との国譲り国引きの
舞台になった浜です。
そして10月にはこの浜を経由して、
全国の八百万の神々が出雲大社にお集まりになります。

写真は弁天岩。

2013-09-13 160

駐車場に掲げられた
平成のご遷宮の予定です。
平成27年までご遷宮が続きます。
2013-09-13 019

この旅のメイン出雲大社に到着しました。
こちらは勢溜(せいだまり)の鳥居
二の鳥居です。
この手前に一の鳥居がありますが
今回は行けず・・・
本殿に向かうまでの4つの鳥居をくぐると
幸せ(四遭わせ)になれると言われているそうです。

プライベートな旅行なら
絶対に幸せを願って4つの鳥居をくぐりますが
ここはバス旅行のつらいところです(-_-;)

2013-09-13 004

二の鳥居(正門)
この鳥居の先は三つの参拝路があります。
真ん中は神の道。
天皇や大名しか通れなかったところ。
今はだれでも通れますが、
松の根の保護のため通行禁止になっていました。  

2013-09-13 182

因幡の白うさぎの神話で有名な
大国主命(おおくにぬしのみこと)
こちらの御祀神です。

2013-09-13 180

こちらは猛々しいお姿ですね。

 
2013-09-13 176


手水舎でまず手を清めて・・・

2013-09-13 190 

拝殿です。(写真右側)
遷宮中は仮拝殿となっています。
二礼四拍手一礼が出雲大社の正式なお参りの仕方です。
「四遭わせ」を願う神様なのですね~。

2013-09-13 012 - コピー 

拝殿の大きな注連縄

2013-09-13 009 

御本殿前の八足門
御本殿は撮影禁止でした。

2013-09-13 200 

お札やお守りを売っている売店の後ろに見える本殿
 
130年ぶりに桧皮葺の屋根が葺き替えられ
威厳を保っていました。

2013-09-13 011


10月に神々が集う
西十九社
東側にも同様の十九社があります。
 

普段は扉が閉まっていますが、
全国の神々がお集まりになる10月には
こちらの扉が開かれます。
普通、10月のことを「神無月(かんなづき)」と云いますが、
出雲地方では10月は「神有月(かみありづき)」と云います。


その時期にこちらをお参りすると
縁がより良く結ばれると云われています。

2013-09-13 217 

神楽殿
長さ約13.5m、胴回り9m、重さ約5トンもある
日本一の大注連縄です。
 
昨年七月に新しく架け替えられました。
現在はクレーン車でかけ替え作業を行うそうですが、
古来、人力で掛け替えられていた時は、
大変な作業だったのでしょうね~。

2013-09-13 221 

こちらは出雲大社の宮司を代々つとめる千家家の門
天皇家の次に長く栄えている家と云われています。

塀に魅かれている白い五本線は
家の格式を表すもので
最高位を表すものだそうです。

2013-09-13 218 

出雲の街のどこからもよく見える大きな日の丸

縦9m×横13.6m(畳75畳分)掲揚塔の高さは47mです。
旗布の重さが49㎏もあります。

青空にきれいに映りました。

ガイドさんの話を聞きながら、写真を撮りながら
大忙しで回りました。

もう一度ゆーっくりとお参りしたいと思ってます。

説明が不十分でごめんなさい(^^ゞ

496.jpg 

嵐山は元気になりました!
皆さん、安心しておこしやす!!



京都の嵯峨野に住むやっこの親友
ロミちゃんからブログで発信してほしいと
お願いされました。

この前の日曜日に、台風18号の豪雨で
被害を受けた渡月橋周辺。
彼女の親戚の家も浸水で大変だったそうですが
ボランティアさんたちに助けられて
早々と片付けが進んだそうです。
テレビで被害を受けた旅館やお店が
何度も出てきますが、ほんの一部なんだそうです。
嵐山一帯はいつも通りお店も営業してますので
旅行のキャンセルなどせずに 
どうぞごゆるりとお越しください。

10-thumb-741x533-535.jpg


とのことです。

写真は夕暮れの渡月橋
(2009年10月撮影)
関連記事

Comment

 

☆源さんへ
山陰地方は2度行かれているのですね。
修学旅行って、あまりどんなところだったのか
よく覚えてないですよね~。
半分はお友達とのおしゃべりの時間ですから・・・(笑)
ぜいたくなコースでしたね~!

☆mcnjさんへ
ずっとお参りしたかった出雲大社でしたが
参拝時間が約45分でしたので、あちこちゆっくりと
見ながらお参りすることができませんでした。
神楽殿もじっくりとみることができず、正面から
お参りしただけになってしまいました。
mcnjさんのツアーは本殿参拝できたのですね。
うらやましいなぁ~。

☆くちかずこさんへ
プライベートの旅行では
先にネットで調べたり、現地のリーフレットを見ながら
行ったところの説明を読むのですが、
それは一点集中型の説明なので、それに付随する
諸々の事はわからないまま過ぎてしまします。
そこがいつももっと知りたいなぁと思うところでした。
2回足を運べば、ほぼコンプリートできますね。
くちこさんも遷宮の年に、ご両親様の
思い出の地の旅、いかがですか?
そちらからなら、日帰りでいけちゃいそうですね。

☆ルミちゃんへ
バスガイドさんって、やはり遠くに行かされる人は
ベテランなんですね。
バス旅行はせわしないですが、一応、廻るところの
説明はいろいろとしてくれるし、
おみやげ屋さんの時間もついてるし
眠い時は寝ていけるのがいいですね。
ただ、小さなお子さん連れだと、難しいかな?
もう少しK君が大きくなったら、大丈夫よ。

☆pacoちゃんへ
お伊勢さんは何度もお参りされてますが、
出雲大社もね・・・。
きっとご主人様も行きたいことろじゃないでしょうか?

京都の嵐山って、桂川の穏やかな
流れが心を潤すところなのに
今回の豪雨は渡月橋が流されてしまうんじゃないかと
心配するくらいのすごいものでしたね。
流されなくてよかった!
四日市から京都へは、すごく近くなって
羨ましいです。

☆のんきさんへ
ご主人様、来月の神有月に出雲に行かれるのですね。
お嬢様は行かれないのかしら?
ひとり娘がずっとそばにいますように・・・
とかこっそりお参りされちゃったりして^^
他にどこを廻られるのかなぁ?
ご遷宮の月でもあるので、本当にラッキーですね。


  • posted by やっこ 
  • URL 
  • 2013.09/20 07:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

来月に主人が出雲大社に行く予定です
mcnjさんややっこちゃんのブログを大いに参考にさせていただきます
縁結びの神様に10月に出向く主人に、飲んでないで、一生懸命に手を合わせるように言って聞かせます
拍手も4つ。言っておきますね

  • posted by のんき 
  • URL 
  • 2013.09/19 17:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

出雲大社、日本人として一度はお参りしたいです。

渡月橋周辺の映像はびっくりでした。
早々に片づけが進んでいるんですね。
出雲は遠いのでまたいつか。。
この秋はせっせと京都に足を延ばしたいと思います。
  • posted by paco 
  • URL 
  • 2013.09/19 13:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はとバスに就職した先輩曰く、
はとバスの場合、経験を積みベテランになる程
東京から離れる場所のツアーをするのだそうです。
やっこさんの場合も先日のお写真の通り、
大御所のガイドさんで、説明も慣れたものだったのでは(o^^o)
自由度は低いバスツアーですが、
いろんなお話しが聞けて良いですね!!
行ってみたくなりました♪( ´▽`)
  • posted by ルミ 
  • URL 
  • 2013.09/19 06:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

説明が聞けるのは、ツアーの良さ、
駆け足は、辛いところですね。
くちこ夫婦は、方向音痴なので、迷子にならないのもツアーのメリットですが。
出雲大社、以前、一度行きましたが、やはり丁寧にはお参りしていないです。
亡き両親の新婚旅行先でもあります(*^_^*)
  • posted by くちかずこ 
  • URL 
  • 2013.09/18 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

行って来られましたか。
詳しく、説明がありましたね。
こちらは、お祓いがメインだったらしく、入ったら、すぐに整列させられて、行列の時間待ちでした。
その後も、本殿参拝の整列でした。
終わったら、土産物屋へ行かされてバイバイ、でした。

あの頃はねぇ…。 

出雲大社は修学旅行でした。
どこをどう通って参拝したのか、ぜんぜん記憶にありません。
今から思えば、もっとゆっくりと参拝すればよかったと思いますね。(笑)
修学旅行のコースはこのほかに鳥取砂丘、大山、日御岬、松江城趾、宮島でした。
とても贅沢なコースでしょ?(笑)
  • posted by 源さん、 
  • URL 
  • 2013.09/18 20:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

やっこ

Author:やっこ
楽しいこと、美味しいもの、旅行、
街歩き、ガーデニングが大好き。
カメラの趣味も増えました。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

FLOWERS

お花を中心としたアルバムです。

月別アーカイブ

やっこへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

右サイドメニュー