お白石持ち行事1

8月31日、朝から雲一つないお天気に恵まれました。
外宮さんのお白石持ち行事が始まります。

2013-08-31 012 

今年は伊勢神宮の20年に一度の
お遷宮の年にあたります。
神様のお住まいになるお社(ご正宮)を
新しく建て替えたお社に移す行事です。
その新しいお社のまわりに敷く
白い石を運ぶ行事がお白石持ち行事なのです。

内宮と外宮の2回同じお白石持ち行事が
執り行われます。

遷宮のために、平成17年から
諸々の行事が始まります。
神領民の関わる行事は御木曳行事が
平成18年、19年の2回にわたり行われました。
新しいお社に使う木材を運び入れます。

お白石持ち行事のための白い石を
宮川に拾い集めるのも神領民の仕事です。
ご遷宮が間近になると、行事に向けて町民一体となり
伊勢の人たちは老いも若きも本当に忙しい日々を
過ごすわけです。
20年に1度ですから、確実に引き継いでいかねばなりません。

日本を代表する神社、伊勢神宮が
地元の住人に支えられ、住人達はそれを名誉として
奉仕している姿を見て、そして参加させていただき、
大変ありがたく思いました。

詳しく知りたい方は、こちらでどうぞ

2013-08-31 020 

お白石を詰めた樽をのせた各町内ごとの奉曳車が
準備を済ませ道路に並んでいます。

2013-08-31 022 

お白石持ち行事に集まってきた町内会の人々。

伊勢神宮のそばに住む住人は
昔から「神領民」と呼ばれ
伊勢神宮の行事ごと奉仕することが
習わしとされてきました。
この栄えある行事に参加できるのは
神領民とその親戚にあたる人のみ許されるのです。

2013-08-31 029 

一志町のお囃子の皆さん

2013-08-31 030 

奉曳車もスタンバイOK!
樽の中にはお白石が詰められています。

2013-08-31 040 

まずは子どもの木遣りから

この日のために一生懸命練習してきました。




2013-08-31 059

次は婦人部の方たちの手踊り

2013-08-31 096 

そして木遣子さんによる素晴らしい木遣歌が、順番に4番まで歌い継がれていきます。

♪ありゃりゃりゃりゃ~ よいとこせ よいとこせ♪

というフレーズは
全員で歌います。

こうしているうちに引き手のみなさんも心がひとつになり ます。

2013-08-31 091 

女性の木遣子さんですが、とても迫力がありました。

2013-08-31 089 

木遣歌が終わると、2つに分かれた
綱を持った引き手が綱を持って相手の方に駆け寄り
おしくらまんじゅうをするように
もみ合います。
最初はやんわりでしたが
だんだん力強くなっていきます。

2013-08-31 108

それが終わると「エンヤーエンヤ―」という
掛け声で綱を引き前進していきます。

こんなことを何度も繰り返しながら、外宮に向かいます。



内宮さんのお白石持ち行事の様子

関連記事

5 Comments

やっこ  

☆のんきさんへ
約一か月間、連日お白石持ちの行事が続いた伊勢。
全国からたくさんのお伊勢参りの方もいらして
活気に満ち溢れていたと思います。
これからご遷宮の本番が待っていますが
10月まで少し静かになるのではないでしょうか。

台風が来ていて、曇り時々雨の予報がずっと続いていたのに
奇跡的に台風が熱低になり、雲一つない青空の下
お白石持ち行事に参加することができて
本当に幸運でした。

服装は上から下まで白で統一してください
・・というお知らせを見て、白オンリーのものを
買い集めました。
この格好で伊勢や鳥羽を歩いていると
「お白石持ちされたんですね。」と
街の人から何人も声を掛けてもらいました。
お垣内は、まさにパワースポットだと思いました。
清々しくてまっさらな気持ちになれました。

☆mcnjさんへ
mcnjさんは3回目のご遷宮になるのですね。
そういえば、やっこも3度目のお遷宮です^^
スピリチュアルブームで、お遷宮のことが
こんなにも大々的に取り上げられたのは
今回が初めてかもしれませんね。
新しくなったご正宮、とてもきれいいでした。
日本建築の粋が結集されたお社。
千数百年も前から同じものが受け継がれて
きたのかと思うと感慨無量でした。

☆よっし~☆さんへ
関東に住んでいると
伊勢神宮は遠い存在なので
新聞やネットで小さな記事を拾わないと
お白石持ち行事のことも知らずに
住んでしまいますが、伊勢市では
20年に一度の一大イベント。
全市民がひとつになって伊勢神宮に奉仕
されています。
こんな素晴らしい連帯って、
やはり神様のお力がないと生まれないのでしょうね。

☆くちかずこさんへ
いつもまとめて全部読んでくださって
ありがとうございます。
白装束は、神様の領域に入るための
正装ですので、お守りくださいと
連絡がありました。
真っ白のものをそろえるのって
案外簡単そうで難し買ったです^^
両親もいい冥土の土産ができたと喜んでいました。
が、父は次の遷宮も99歳で参加したいと
意気込んでいました。

2013/09/05 (Thu) 07:41 | EDIT | REPLY |   

くちかずこ  

いつもの、まとめ読みで・・・失礼・・・
新しい社殿、テレビに出ていますよ。
元気の美味しく楽しまれて良かったです!
女性の迫力ある木遣り歌、聞きたかったです。
エビフライの美味しそうだし・・・
ご両親と一緒なんて良いですね。
かっこよく参加されたやっこさん、尊敬するなあ(^_^)v

2013/09/04 (Wed) 19:26 | EDIT | REPLY |   

よっし~☆  

遷宮のために色んな行事があるんですね、こちらも初めて知りました。
20年に一度ですからそれはそれは大変な一大行事なんでしょうね。
この行事に参加できるのは名誉なことなんですね。

2013/09/04 (Wed) 16:59 | EDIT | REPLY |   

mcnj  

こんな昔からの行事が守られて、続いているのですね。
三重県に来て、3回目の遷宮ですが、一度も、みたことはありません。
もう、見る機会もなさそうです。

2013/09/04 (Wed) 12:51 | EDIT | REPLY |   

のんき  

9月1日。一連のお白石持ち行事が、終了し、伊勢の町にも静けさが戻ってきた様です
内宮さんと外宮さんでは、お白石持ちの風習も違うようで、連日の新聞記事を興味深く読んでいました
垣内参拝、出来てよかったですね
何より、お天気に恵まれた事が、ラッキーでした
白装束のやっこちゃん。かっこいい!

式年遷宮のクライマックス。10月の神様のお引っ越しを残すのみとなりました

私は、新しくなった神殿。いつ拝みに行くことが出来るかな

2013/09/04 (Wed) 09:52 | EDIT | REPLY |   

Add your comment