FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 生活 › ミュシャ展へ
2013-04-04 (Thu) 07:50

ミュシャ展へ

001_20130404073054.jpg 

002_20130404073056.jpg

003_20130404073058.jpg

005_20130404073101.jpg

006_20130404073103.jpg

六本木の森タワー52階 森アーツセンターギャラリーで開催中の
アルフォンス・ミュシャ展に行ってきました。

ミュシャは大好きな画家です。
アールヌーボーの旗手として
100年以上も前に活躍した画家ですが
女性のみずみずしさ、かわいらしさは現在にも
じゅうぶん通用する作品です。
 
フランスの女優サラ・ベルナールの専属画家として
商業広告の画家として活躍したのは
知っていましたが、
祖国チェコを愛した画家だったことを
初めて知りました。
第2次大戦前、チェコが開国した当時、
紙幣や切手のデザインをしたり
市長室の壁画を描いたり
尽力しています。

また、スラブ民族の歴史を描いた
超大作 スラブ抒情詩
初めて館内で流されいたビデオで見ることができました。

壁と同じくらいのキャンパスに
何枚も描かれた作品に彼の祖国、スラブ民族に対する愛情を
感じることができました。

第二次大戦中、ナチス支配下に置かれたチェコでは
ミュシャの作品はチェコへの愛国心につながる作品と
抹殺され、ミュシャ自身も70歳を過ぎていたのに拷問され、
その結果、体調を崩し、釈放されたのちに
終戦を待たずに亡くなりました。

現在のチェコを知ったら、どれだけミュシャは喜ぶでしょうか。

そんな歴史をひも解きながら
ミュシャを深く知ることのできた展覧会でした。


3_20130404074115.jpg

ミュシャの愛した長女の肖像画
他の作品に比べ、キッとした目が印象的。


ちょうどお天気が雨模様だったのが幸いして
ゆっくりと鑑賞することができました。





page1_20130404074909.jpg

page2_20130404074913.jpg

帰りにミュージアムショップで買い求めた
ミュシャのカード。
額に入れて飾りたいと思います。
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

* by やっこ
☆mcnjさんへ
今でいうイラストレーターですから
油絵云々の絵ではなく、mcnjさんが想像されていた絵とは
ちょっと違うのかもしれませんね。
でも晩年の絵はこのような華やかさはなく、
とても暗い絵になっていました。
時代的な背景があったのでしょう。
明るくてきれいな絵が描ける環境、
続いてほしいですね。

☆ちびむすびさんへ
はじめまして。やっこのブログにようこそ!

短大で保育の勉強されていらっしゃるのですね。
きっと心優しい方ですから、ミュシャの絵、
お好きでしょうね。
東京では5月19日まで開催されます。
お近くでしたら、是非見に行ってください。

☆ケイさんさんへ
ケイさんのお好きな絵だと思っていました。
お花を取り入れた作品も多く、
押し花の勉強にも役に立つかも知れませんね。
お時間があったらぜひ出向いてください。

☆こうさんへ
あちこちにポスターが出ていますか?
ネットで見るのと本物を見るのとでは色が違います。
口では説明できないシックな色合いです。
雨の日が狙い目だと思います。


* by やっこ
☆zooeyさんへ
さすがzooeyさん!
プラハで本物を見てこられたのですね。
ムハ美術館は小さいのですか!
ステンドグラスやフラスコ画、この目で
いつか見てみたいなぁ。

☆くみくみさんへ
お菓子の缶にもミュシャの絵が使われているのですね。
ホント、いい絵を見ると心の栄養になります。
しばらくは穏やかでいられるといいけど・・・(笑)
優雅な生活はできません(~_~;)

☆釉さんへ
zooeyさんと同じく、釉さんはウイーンで
本物を見られたのですね。
あと1か月ちょっと会期がありますので、
是非六本木まで足を運んでください。
1本で行けますね~!

与謝野晶子のみだれ髪の表紙は
ミュシャの影響を受けてますね。
晶子の洋装もおしゃれで素敵だなぁと
思います。

☆ルミちゃんへ
ルミちゃんもミュシャが好きなんですね。
やっこが行った日は、雨降りだったのですいていましたが、
お天気がいいと、会場に入るまでに
行列ができているらしいです。
ちょっと子供連れじゃ、ゆっくり見られないかも・・・。
ご主人様にお願いして1時間くらいでゆっくり見られると
いいですね。

☆源さんへ
男性はあまり興味がないかもしれませんね。
でも作者は男性なんですよ。
本物にあったのは2度目です。
もう30年以上も前に東京で見て以来です。
今回は女性の絵以外に、スラブ抒情詩などの
作品も見ることができてよかったです。


* by こう
あちらこちらでミュシャ展の大きなポスターを見掛けます。
ポスターを見る度に惹かれていました。
やっぱり、素敵ですねぇ~♪
見に行ってみたい気持ちが一層募りました。


* by ケイ
素敵です~
実際 目の前で見たら もっど素晴らしいでしょうね。
こういう色彩、大好きです。
ミュシャ展を やっているのも 知りませんでしたよ。
やっこさんの 情報キャッチは 凄いです。

* by ちびむすび
わあ、素敵な絵ですね。うっとりしちゃいました。展覧会で充実したときをすごされたようで何よりです^^

* by mcnj
ミュシャ、初めて知りました。
独特の作風ですね。
最初の方は、ポスター風の感じですが、後のカードの方を拝見して、納得しました。
画家の絵ですね。

名前は知らないけど… * by 源さん、
なんかどこかで見かける絵ですね。(笑)
だから、絵自体は知っていましたが作者までは知りませんでした。
やっこさん詳しいですね。
さすがです。


* by ルミ
私も行きたいんですよ〜!!
最近六本木に行く機会もあったのに、
なかなかいけず…

今年のカレンダーはミュシャです♪( ´▽`)

* by 釉
これ、行きたいんですよね~
私の好きなアーティストさんが、最近、これを熱く語っていて、こりゃ絶対に行かなきゃと 笑
行けると良いな~

あ、もちろんミュシャはもともと大好きなんですよ♪
ウィーンでも美術史美術館にミュシャのために駆け込んだのも覚えています。
あのやわらかな色調の優しい女性たちに、
ミュシャの想いが透けて見えるようで……
以前は、堺市に与謝野晶子とミュシャが併設された記念館(資料室?)があって
その取り合わせの妙に感激しました♪

* by くみくみ
綺麗ですね~(^^♪
私はお菓子の缶の絵しか見たことないけど~
素敵な絵を見ると、心が穏やかに、優雅な気分になれますよね~
あっ!もともと、やっこさんは穏やかで優雅ですけど~(^^)

* by zooey
ミュシャ、好きです。
プラハのミュシャ美術館にも行きました。
現地では「ムハ」って言うんですけどね。
チェコでは国民的な画家だというのに
分かりにくい場所にある、結構小さな美術館でした。
でもプラハ城の中の大聖堂のステンドグラス、
市長室のフレスコ画は素晴らしかったですよ。
ミュシャは本当に祖国を愛していたんですよね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

☆mcnjさんへ
今でいうイラストレーターですから
油絵云々の絵ではなく、mcnjさんが想像されていた絵とは
ちょっと違うのかもしれませんね。
でも晩年の絵はこのような華やかさはなく、
とても暗い絵になっていました。
時代的な背景があったのでしょう。
明るくてきれいな絵が描ける環境、
続いてほしいですね。

☆ちびむすびさんへ
はじめまして。やっこのブログにようこそ!

短大で保育の勉強されていらっしゃるのですね。
きっと心優しい方ですから、ミュシャの絵、
お好きでしょうね。
東京では5月19日まで開催されます。
お近くでしたら、是非見に行ってください。

☆ケイさんさんへ
ケイさんのお好きな絵だと思っていました。
お花を取り入れた作品も多く、
押し花の勉強にも役に立つかも知れませんね。
お時間があったらぜひ出向いてください。

☆こうさんへ
あちこちにポスターが出ていますか?
ネットで見るのと本物を見るのとでは色が違います。
口では説明できないシックな色合いです。
雨の日が狙い目だと思います。

2013-04-05-19:11 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

☆zooeyさんへ
さすがzooeyさん!
プラハで本物を見てこられたのですね。
ムハ美術館は小さいのですか!
ステンドグラスやフラスコ画、この目で
いつか見てみたいなぁ。

☆くみくみさんへ
お菓子の缶にもミュシャの絵が使われているのですね。
ホント、いい絵を見ると心の栄養になります。
しばらくは穏やかでいられるといいけど・・・(笑)
優雅な生活はできません(~_~;)

☆釉さんへ
zooeyさんと同じく、釉さんはウイーンで
本物を見られたのですね。
あと1か月ちょっと会期がありますので、
是非六本木まで足を運んでください。
1本で行けますね~!

与謝野晶子のみだれ髪の表紙は
ミュシャの影響を受けてますね。
晶子の洋装もおしゃれで素敵だなぁと
思います。

☆ルミちゃんへ
ルミちゃんもミュシャが好きなんですね。
やっこが行った日は、雨降りだったのですいていましたが、
お天気がいいと、会場に入るまでに
行列ができているらしいです。
ちょっと子供連れじゃ、ゆっくり見られないかも・・・。
ご主人様にお願いして1時間くらいでゆっくり見られると
いいですね。

☆源さんへ
男性はあまり興味がないかもしれませんね。
でも作者は男性なんですよ。
本物にあったのは2度目です。
もう30年以上も前に東京で見て以来です。
今回は女性の絵以外に、スラブ抒情詩などの
作品も見ることができてよかったです。

2013-04-05-18:56 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

あちらこちらでミュシャ展の大きなポスターを見掛けます。
ポスターを見る度に惹かれていました。
やっぱり、素敵ですねぇ~♪
見に行ってみたい気持ちが一層募りました。

2013-04-05-18:02 * こう [ 返信 * 編集 ]

素敵です~
実際 目の前で見たら もっど素晴らしいでしょうね。
こういう色彩、大好きです。
ミュシャ展を やっているのも 知りませんでしたよ。
やっこさんの 情報キャッチは 凄いです。
2013-04-05-07:47 * ケイ [ 返信 * 編集 ]

わあ、素敵な絵ですね。うっとりしちゃいました。展覧会で充実したときをすごされたようで何よりです^^
2013-04-04-15:19 * ちびむすび [ 返信 * 編集 ]

ミュシャ、初めて知りました。
独特の作風ですね。
最初の方は、ポスター風の感じですが、後のカードの方を拝見して、納得しました。
画家の絵ですね。
2013-04-04-14:45 * mcnj [ 返信 * 編集 ]

名前は知らないけど…

なんかどこかで見かける絵ですね。(笑)
だから、絵自体は知っていましたが作者までは知りませんでした。
やっこさん詳しいですね。
さすがです。

2013-04-04-13:30 * 源さん、 [ 返信 * 編集 ]

私も行きたいんですよ〜!!
最近六本木に行く機会もあったのに、
なかなかいけず…

今年のカレンダーはミュシャです♪( ´▽`)
2013-04-04-12:52 * ルミ [ 返信 * 編集 ]

これ、行きたいんですよね~
私の好きなアーティストさんが、最近、これを熱く語っていて、こりゃ絶対に行かなきゃと 笑
行けると良いな~

あ、もちろんミュシャはもともと大好きなんですよ♪
ウィーンでも美術史美術館にミュシャのために駆け込んだのも覚えています。
あのやわらかな色調の優しい女性たちに、
ミュシャの想いが透けて見えるようで……
以前は、堺市に与謝野晶子とミュシャが併設された記念館(資料室?)があって
その取り合わせの妙に感激しました♪
2013-04-04-11:56 * 釉 [ 返信 * 編集 ]

綺麗ですね~(^^♪
私はお菓子の缶の絵しか見たことないけど~
素敵な絵を見ると、心が穏やかに、優雅な気分になれますよね~
あっ!もともと、やっこさんは穏やかで優雅ですけど~(^^)
2013-04-04-11:19 * くみくみ [ 返信 * 編集 ]

ミュシャ、好きです。
プラハのミュシャ美術館にも行きました。
現地では「ムハ」って言うんですけどね。
チェコでは国民的な画家だというのに
分かりにくい場所にある、結構小さな美術館でした。
でもプラハ城の中の大聖堂のステンドグラス、
市長室のフレスコ画は素晴らしかったですよ。
ミュシャは本当に祖国を愛していたんですよね。
2013-04-04-09:17 * zooey [ 返信 * 編集 ]