FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 社会 › 嬉しい年賀状
2013-01-23 (Wed) 16:28

嬉しい年賀状

 

昨日、遅い年賀状の配達がありました。
たぶん今年最後の年賀状です。

年賀はがきの差出人は
おととしの9月、被災地を訪ねた時に
石巻市の仮設住宅で
お話を伺った方です。

3月11日、ご自宅は津波で浸水し、
肢体に障害のある息子さんと2人で
自宅の2階に上がり、
彼の服薬のためのお水を分かち合って
救助を待ち続けたそうです。
泥に浸かった洋服の悪臭、
火の気もなく、夜は暗い日々。
不安でいっぱいだったそうです。

救助は高齢者優先で障害者は後回しにされ、
ひとりで立てない息子さんなのに、
不安定なカヌーで救助に来て
一度、水の中に落っこちてしまった話等
彼女のお話だけでも
小説が書けるんじゃないかと思いました。

お会いした時は、仮設に移られて間もない時でしたが
いつまでも暑い夏を経験し、そして部屋の中まで
凍ってしまうような寒い冬を2回経験し、
この2年間、本当にご苦労も多かったと思います。
同じ日本に住みながら、
やっこはノホホンと暮らす自分との違いに
申し訳ないと何度思ったことでしょうか!

2012-04-17 147

そんな状況の中、こつこつと家を建て直す準備をされ
日々の苦労の中で、明るい道筋を見つけ出されてきたのでしょう。
やっこもこの文章を読んでパッと明るくなりました。
よかった、よかった!!\(^o^)/

震災からもうすぐ2年。
「あっという間の2年」とやっこは言ってしまうけど
彼女には「すごーく長い2年」だったと思います。
よくここまでこぎつけましたね。

新しいお家ができたら、是非訪ねてみたいです。
明るい笑顔の彼女とK君に会って、乾杯したいなァ~!!
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
v-258mcnjさんへ
突然の震災で、何もかも失ってしまわれた方が
立ち直り、元の生活に戻っていく姿を見て
私たちもしっかりしなくちゃと、励まされます。
笑顔もどんどん戻ってほしいです。

v-258釉さんへ
なかなか現地に足を運んでボランティアすることはできませんが
機会のあるごとに連絡を取り合ったり
色々な催しで募金したり・・・。
テレビで見ているのと、現地へ足を運ぶのとは
また違った気持ちになれるのは不思議ですね。
野次馬ではなく、被災地をこの目で確かめるということは
必要なことだと思いました。

v-258くちかずこさんへ
切手シートだけの当選でしたか!?

くちこさんも被災地に行くように要請されていたのですね。
初めてみる震災の爪痕。
言葉も出ないくらいすごかったですが、
そこで生活されている方々は、必死でした。
何人かからお話を伺いましたが、
震災から半年が経とうとしていた時期だったので
涙を流して・・という方もいらっしゃいませんでした。
東北人の我慢強さの表れかもしれません。

v-258ルーシーさんへ
ほんの30分ほどのお付き合いだったのですが、
こうして近況をお知らせしてくださるのはとてもうれしいことです。
自立歩行のできないご家族を抱えての仮設住宅での生活は
お風呂やトイレなどいろいろと大変だったと思います。
新しいお宅はきっと、住みやすく工夫された快適なお住まいになるでしょう。

v-258のんきさんへ
一瞬のうちに多くの命や家を奪って行った津波。
人々の心に大きな穴をあけて2年。
まだまだ穴は埋まらないでしょう。
しかし穴を少しずつ埋めていかないと
進んでいかないこともたくさん。
その穴埋め役の一人になっているかどうかわかりませんが
一歩進めることができたご家族に拍手を送りたいです。

木曜日から、ちょっと忙しくてバタバタしていました(^_^;)
ご心配いただいてありがとうございます<(_ _)>

No title * by のんき
お店や道路や建物の復興は進んでも(あまり進んでいないのですが)人の心の傷跡の回復には、かなりの時間が必要ですね
やっ子ちゃんの心を寄せる気持ちが、お相手の方の力となりますようにお祈りします

毎日のように更新されるやっこちゃんのブログが更新されないので、案じています
ノロちゃん。インフルちゃん。元気に飛び跳ねてるならいいのですが。。
早い更新を待ってます

素晴らしい * by ルーシー
素晴らしいお付き合いですね
やっこさんの気持ちの優しさが通じているのですね
でも2年で新築できるのは、幸せお宅です。
これからも頑張って、明るい未来を目指して欲しいです。
再び再会出来るのが楽しみですね。

くちこんちも四等しか当たらなかったです。 * by くちかずこ
震災の復興・・・長い時間が必要なのでしょうね。
一歩一歩ですね。
亡き母の口癖でした。
「前の橋から一つずつ渡りなさい」と。
くちこも医療支援チームの候補でしたが、
もし行っていたら、役に立たなかったと思います。
看護師は、絶体に人前で涙を見せたらいけないそうです。
それ以上に辛い人達の前で。

気持ちだけは…… * by 釉
こういうお話を聞くたびに、自分の無力感にさいなまされます。

やっこさんのもとに届いた、明るい希望のお年賀状、
きっと、やっこさんとのひとときが、良い時間だったからでしょうね。

何もできないけれど、何かできないかと、いつも心にかけること
私もそれだけは、忘れないでいたいと思っています。

新しいおうちが、明るい光をともしれくれますよう、
私もお祈り申し上げます。

新築 * by mcnj
よかったですね。
悲しい経験の後も、一生懸命に立ちあがろうと努力されている姿には、勇気を貰えます。
これからも、頑張って行って欲しいですね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

コメントをくださったみなさまへ

v-258mcnjさんへ
突然の震災で、何もかも失ってしまわれた方が
立ち直り、元の生活に戻っていく姿を見て
私たちもしっかりしなくちゃと、励まされます。
笑顔もどんどん戻ってほしいです。

v-258釉さんへ
なかなか現地に足を運んでボランティアすることはできませんが
機会のあるごとに連絡を取り合ったり
色々な催しで募金したり・・・。
テレビで見ているのと、現地へ足を運ぶのとは
また違った気持ちになれるのは不思議ですね。
野次馬ではなく、被災地をこの目で確かめるということは
必要なことだと思いました。

v-258くちかずこさんへ
切手シートだけの当選でしたか!?

くちこさんも被災地に行くように要請されていたのですね。
初めてみる震災の爪痕。
言葉も出ないくらいすごかったですが、
そこで生活されている方々は、必死でした。
何人かからお話を伺いましたが、
震災から半年が経とうとしていた時期だったので
涙を流して・・という方もいらっしゃいませんでした。
東北人の我慢強さの表れかもしれません。

v-258ルーシーさんへ
ほんの30分ほどのお付き合いだったのですが、
こうして近況をお知らせしてくださるのはとてもうれしいことです。
自立歩行のできないご家族を抱えての仮設住宅での生活は
お風呂やトイレなどいろいろと大変だったと思います。
新しいお宅はきっと、住みやすく工夫された快適なお住まいになるでしょう。

v-258のんきさんへ
一瞬のうちに多くの命や家を奪って行った津波。
人々の心に大きな穴をあけて2年。
まだまだ穴は埋まらないでしょう。
しかし穴を少しずつ埋めていかないと
進んでいかないこともたくさん。
その穴埋め役の一人になっているかどうかわかりませんが
一歩進めることができたご家族に拍手を送りたいです。

木曜日から、ちょっと忙しくてバタバタしていました(^_^;)
ご心配いただいてありがとうございます<(_ _)>
2013-01-29-10:49 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

No title

お店や道路や建物の復興は進んでも(あまり進んでいないのですが)人の心の傷跡の回復には、かなりの時間が必要ですね
やっ子ちゃんの心を寄せる気持ちが、お相手の方の力となりますようにお祈りします

毎日のように更新されるやっこちゃんのブログが更新されないので、案じています
ノロちゃん。インフルちゃん。元気に飛び跳ねてるならいいのですが。。
早い更新を待ってます
2013-01-27-10:53 * のんき [ 返信 * 編集 ]

素晴らしい

素晴らしいお付き合いですね
やっこさんの気持ちの優しさが通じているのですね
でも2年で新築できるのは、幸せお宅です。
これからも頑張って、明るい未来を目指して欲しいです。
再び再会出来るのが楽しみですね。
2013-01-26-22:52 * ルーシー [ 返信 * 編集 ]

くちこんちも四等しか当たらなかったです。

震災の復興・・・長い時間が必要なのでしょうね。
一歩一歩ですね。
亡き母の口癖でした。
「前の橋から一つずつ渡りなさい」と。
くちこも医療支援チームの候補でしたが、
もし行っていたら、役に立たなかったと思います。
看護師は、絶体に人前で涙を見せたらいけないそうです。
それ以上に辛い人達の前で。
2013-01-26-15:34 * くちかずこ [ 返信 * 編集 ]

気持ちだけは……

こういうお話を聞くたびに、自分の無力感にさいなまされます。

やっこさんのもとに届いた、明るい希望のお年賀状、
きっと、やっこさんとのひとときが、良い時間だったからでしょうね。

何もできないけれど、何かできないかと、いつも心にかけること
私もそれだけは、忘れないでいたいと思っています。

新しいおうちが、明るい光をともしれくれますよう、
私もお祈り申し上げます。
2013-01-25-15:56 * 釉 [ 返信 * 編集 ]

新築

よかったですね。
悲しい経験の後も、一生懸命に立ちあがろうと努力されている姿には、勇気を貰えます。
これからも、頑張って行って欲しいですね。
2013-01-25-08:31 * mcnj [ 返信 * 編集 ]