FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 生活 › 思いがけない出来事
2011-12-08 (Thu) 06:25

思いがけない出来事

これまで楽しい記事を載せてきましたが(笑)
今回四日市の実家に帰ったのは、
母が手術を受けることになったからでした。
20年来、お付き合いしてきた胆石とオサラバしたのです。 


1DSC_0207-001.jpg  

やっこが手術前日にお見舞いに訪れたら、
やっこの帽子をかぶって
おどけて「どう?」という始末。

昔から一卵性親子と言われています(笑)
自分でもそっくりだと思います。 




年の割には元気な母だし、
腹腔鏡を使った簡単な手術という説明だったので、
安心していました。


しかし、手術が始まったら、
ドクターが予想していた以上にダメージが大きく、
開腹手術になってしまいました。

3時間を超す手術でした。


1DSC_0236-002.jpg  


ICUに戻ってきて、「ああ、しんどい」と父に訴えてました。
 
やっこも父も義妹も弱音を吐く母を見るのは初めてで
慌てました(・_・;)



高齢になると、麻酔が覚めても、
おかしな行動をする人がいるらしいと聞いていたのですが、
手術の次の日、お昼ご飯を食べに病院を離れたすきに
大変なことが起こっていました。

12011-12-02 089-002 

見守りの私たちがいなくなって、
初めてベッドから降りた母は
 腕にしていた点滴2つを 点滴バーから下ろして
点滴の袋を両手で抱えてトイレに行ったのです。
点滴がつながっているのに下ろす作業も大変だったと思います



昼食から戻ったらベッドにいなくて、探したら
トイレからピーピー音が聞こえてます。
しばらくすると、点滴の管が体に巻きついた母が現れました。

痛み止めの点滴は、センサーで制御されているらしく、
液が落ちなくなった上に、
血液が逆流して注射針が詰まってしまったため、
ピーピー音が鳴ったと思われます。

あまりにもピーピーうるさいので母は迷惑になるからと
病室の引き出しにいったんしまった(笑)そうですが、
自分が身動きが取れなくなってしまって、
 それさえもわからなかったらしい<(゚Д゚;)>
ピーピー音を鳴らしながら、我慢できずに
トイレへ。

看護師さんの呼び出しボタンの存在も忘れていたみたいなんです。
 
12011-12-02 159-001

いやいや、わが母ながら、ナイスボケにびっくり!!Σ(´゚▽゚`ノ)ノ 

父は、そんな母を見て、このままボケたまま退院して、
そのまま一生を終えるかも・・心配していたのですが、
術後3日目にふつうに戻りました。

術後の経過は順調で
今週末には退院できそうとのこと。
よかったです。
 
退院したらまた、アクティブな母に変身しそうです(^▽^;)

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

pacoちゃんへ * by やっこ
ありがとうございます。
お蔭さまで無事退院して自宅で療養しています。
昨夜電話したら、2階にある部屋から階段を下りて電話に出てました^^;
どこまでも元気な母なんです^^
やっこも負けそうです^^;

くりそつ! * by paco
さっき名無しで投稿したようなしなかったような・・
麻酔明けでなくても怪しい行動の私です(笑)
お母様、そっくり~!!!
想像以上に大変な手術、よく頑張られました。
頑張った甲斐あって、もうスッキリ!ですね。
どうぞ一日も早くご回復されますように。

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
v-100mipoさんへ
ぼかしてあってもすぐわかりますね(笑)
性格もそっくりなんです。(すごくイヤなんですけど・・)
術後、いろんなことをしでかす人がいるとは聞いていましたが、「えっ!?」と「やっぱり!」が同時に来ました(笑)

v-272☆きらきら☆さんへ
☆きらきら☆さんの次女さん、そっくりサンですね♪
うちは年を追うごとに顔も性格もそっくりになってきたと周りから言われてます(^▽^;)
麻酔って、やはりいろいろと影響を及ぼすのですね。
やっこも全身麻酔の手術をしたことがあるけど、若かったからそんなこと何もなかったけど・・・。
年を取るってタイヘン!!

v-272ももママさんへ
やっこはあまり役に立たない娘なので(^▽^;)あまり頼りにされてません。
マメな父がしっかりと介護してくれていて、助かります。
母よりもちゃんと家事をこなすので、安心なんです。
そんなところもそっくりです(笑)

v-272mizueさんへ
開腹手術は、しばらく痛いですよね~(T_T)
笑っても痛いけど、くしゃみしても痛い。
そんな母が、爆笑ネタを作ってくれました。
本人は大まじめなの。
そういうところもそっくりな親子です^^

NoTitle * by mizue
遅くなってしまいましたが、お母様大変でしたね、
術後の痛さ、う~思い出すだけでも痛くなる・・・
実家の義父も術後おかしな言動があって同じような心配しましたよ、
痛み止め辞めてから平常に戻りました。

修正されてもやっこさんがそっくりなのわかります^^。
お母様どうぞお大事にしてくださいね。

NoTitle * by ももママ
お母様大変でしたね。
やっこちゃんがそばにいたから
心強かったでしょ。
それにしても良く似てる(^^)

術後もどうぞお大事に。
一日も早く快復しますように。

NoTitle * by ☆きらきら☆
私と次女もそっくり!と言われますが やっこ母子さんもそっくりですね!
思いがけず開腹手術で大変でしたね。
そう言えば、義父も麻酔後の点滴にはハラハラしたことを思い出したわ。
でも、やっこママ順調との事 本当に良かったです。
お大事になさってね。

そっくり! * by mipo
あまりにそっくりで、やっこさんかと思いました!
お母様の手術、大変でしたね。
術後の騒動もびっくりしたでしょう。
“引き出しにしまった”でクスクスって笑っちゃいましたけど。
経過は順調のようで何よりです。
やっこさんの元気さとお茶目なところは
お母様譲りなんですね♪

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
v-100釉さんへ
ありがとうございます。
母は健康ですが、ときどき胆石と帯状疱疹で短期の入院はこれまで経験しています。が、今回は体にメスが入ったので、かなりのストレスだったのでしょう。
ウチは両親とも4名健在です。
ずっと健康でいてほしいですね。

なが餅・・・いつもあるわけじゃないのですね(T_T)

v-100さくら子さんへ
ありがとうございます。
「たよりのないのは元気な証」。
お互いにそんな生活をしていましたが、今回、元気な母も年を取ったなぁと実感しました。
お互いに気ままな親子なので、あまり干渉せずに暮らしてきましたが、ときどき顔を見せてあげないと、改めて思いました。

v-100三日坊主さんへ
ありがとうございます。
胆のうにぎっしり石が入っていたのに、普通に暮らしてきていたので、ドクターもびっくりされていました。
まわりの家族もびっくり。
医学が進歩しても、目で確認しないとわからないことってあるのですね。

v-100mcnjさんへ
ありがとうございます。
点滴を手で持って現れたときは、あきれるやら、笑えるやら・・・
大事に至らなくてよかったです。
年を取っての全身麻酔はやはりダメージが大きいのですね。

v-100yasukoさんへ
ありがとうございます。
病室から離れるときに、トイレのこと、ナースコールのことをしっかり伝えて行ったのですが、ぼんやりとしていたのですね。
日常わかっていることも、わからなくなってしまうことがあるんだと思い知らされました。
この先、こんなふうに年を取っていくのでしょうね~。
忘れられないうちに親孝行しなくちゃ~!

v-100ルミちゃんへ
ありがとうございます。
ルミちゃんがひざの手術した時、同室だった人たちもやはりおかしな行動をとられてたのですか。
ちょっとその話を聞いて安心しました。
よくあることなのですね。
母は、自己な行動ではなく、他人を気にしながらの行動をとっていたので、ホッとしました。

ワイン、やっと落ち着いていただきました♪
ありがとう~!!

v-100ケイさんへ
ありがとうございます。
これまで何度か、石が降りて病院に駆け込んだことがありましたが、今回でその心配もなくなりそうです。

ケイさんのお母様もアクティブなお母様と伺ってますが、やっぱり血は争えないですね^^
顔もさることながら、電話の声もそっくりなんですよ。
だいたい実家で電話に出ると、母だと思われて、話がそのまま進みます。(笑) 
娘だと言うと、「えっ!?」って言われることが多いです。

v-100JUNさんへ
ありがとうございます。
JUNさんのお母様も胆石で苦しまれたのですね。
その後はお変わりないですか?
お父様とお母様と入院されるとJUNさんも大変でしたね。
ウチもこの先、そういうことがあるかもしれません。
介護する側が倒れないようにしないと・・・w

v-100のんきさんへ
ありがとうございます。
急激にボケが来て、大変なことになった、と焦りましたが、一時的なものでよかったです。

お孫さんよりも、お嫁さんよりもやはり息子さんですか!
お孫さん>息子さんかと思っていましたが・・・
やはり自分がお腹を痛めて産んだわが子が一番ですかねぇ?
これまで親孝行しなさすぎたので、ボケないうちにそろそろしなくちゃです(^▽^;)

v-100キャスバルさんへ
ありがとうございます。
お見舞い、付き添いをしながら、旧友とのランチ、お茶を楽しみました。 なかなか帰れないので、帰った時は大忙しです。

両親ともに元気なのが取り柄でしたが、年には勝てないなぁと思うようになりました。
幸いいいお医者さんに恵まれて、母もすっきりしましたが、病院が遠いというのは不安ですね。
ゆくゆくは四日市にご両親を呼ばれるのかしら?







そうだったんですかっ!? * by キャスバル
お久しぶりです!
久々に来てみたら、やっこさんが四日市に帰って来てる!
その理由がお母さんの手術っ?!
びっくりしました。

しかし経過も順調そうで良かったですね。
ウチの両親も今はピンピンしてますが、段々とどこかしら悪くなって来るでしょうから心配です。
特に、あんな田舎では手術するような事になっても近所には無いですから...。

親孝行&久々の地元をご堪能ください!

NoTitle * by のんき
手術が無事に済んでよかったねぇ
術後の経過も良好みたいで、やれやれ・・・

それにしても、本当に一卵性母子ね。
そっくりよ!

近鉄ででもお会いしたら、声掛けてみよっと(笑)

息子が遠く離れていて、いつも案じるのは、孫の健康でもなく、嫁の健康でもなく、息子の事
それを、友人たちは過保護だと笑いますが、やっぱり親って子供の事が一番なのよね
お願い!機会を見つけて時々はお顔を見せてあげて下さい
両親を亡くした私が言うのよ。笑
親の元気なうちに、孝行しないと・・・ネッ!

こんにちは~♪ * by JUN
お母様大変でしたね!
でも無事に退院できそうで良かったです。
お大事にして下さいね。
うちの母も去年胆石で入院して、すっごく石がたくさんあって
結局胆のうを除去してしまいました。
父の事が心配だったので、毎月1週間づつ入院して、
3ヶ月かかりました(>_<)

NoTitle * by ケイ
お母様 大変だったのですね。
術後の経過が順調で 良かったです。
アクシデントも 大事に至らず 安心しました。
お母様 くれぐれも お大事にね☆

やっこさんと そっくり母娘です~。
アクティブなのも 似ているのですね。
私と母も 似ていないと思っていたら
写真に 映っている姿が やっぱり似ていました。
電話では 声がそっくりみたいで 間違えられます(笑)

NoTitle * by ルミ
ぼかしても、
やっこさんにそっくりです!!
凄い(*^o^*)

私が膝の手術をした時には、
四人部屋で、私を含め
三人は術後の夜におかしくなり、
私は「大丈夫もう歩けるから下ろして下さい」と
一言で済みましたが、
前のベッドのおばあちゃんは「素麺できたわよ~」とf^_^;)
隣の方は自宅と勘違いして、全員に出ていけ!
と大騒ぎになり、ナースステーションに連れて行かれました…
唯一何もなかったのは最高齢90歳の方でした!


お母様は大きな手術になってしまい、
不安もあったんでしょうか、
もう胆石出来ないと良いですね!!

NoTitle * by yasuko♪
↓ ベゴニア園 なばなの里 ふふふ其れと とんてき 釆女の里  太白永餅 みんな見慣れて物ばかり大好きです
実家に帰ってお友達に逢ったり美味しい物食べたりして楽しい里帰りだとばかり思っていました
一番の理由は、お母様の手術でしたのね
簡単だと聞いてたから、心配だけど深刻には思ってなかったのやね
全身麻酔だし大きな手術でしたから元に戻るのに時間がかかると思います 朦朧としてるんだよね やっこさん達の面会中もトイレ行きたかったの我慢してたのかもね? けどトイレで倒れなかって良かったです 
後は日にち薬やね、お元気になってお父様と仲良くお暮らしになるでしょう
何時 何が起こるか解りません 親がいてくれる内に十分親孝行したいですね お大事に



点滴 * by mcnj
あれあれ、大変でしたね。
点滴中のトラブルは事故にむすびつきます。
大きな事故にならなくて良かったです。
お大事にして下さい。

NoTitle * by 三日坊主
まあまあ、そんなこととは知らずに失礼しました。
でもご無事に手術を終えられて良かったですね。

大手術でないにしても、手術となるととても心配ですもの・・・
まだまだお若くてお綺麗でお元気なお母様ですね。
本当にやっこさんに似ていらっしゃいますね♪
どうぞお大事に・・・

お大事に! * by さくら子
やっこさん、お母様の手術、簡単だとは聞いていても高齢な方に麻酔掛けるのは心配ですもんね。でも何はともあれ回復されているご様子、良かったですね。

離れて生活している次兄のことを『頼りのないのが元気な証し!』と淋しそうに話していた母でした。
やっこさんにそっくりなお母様に会いに行ってあげましょうよ。健康な時もね。(*^_^*)



本当にそっくりです。


お大事に * by 釉
お母様の手術でのお里帰りでいらしたのですね。
それはご心配でいらしたでしょう……

麻酔のせいももちろんおありなのでしょうが、
もしかして、やっこさんのお母さまは、あまり入院経験がおありにならない?
そういう方は、慣れていない分、結構、病室で、魅せてくださいます(笑)
でも、それって、ご健康のしるしですから、お幸せですよね。
寒い季節なので、どうぞ、お大事に。

やっこさんはご両親様も義両親様も皆さん、お揃いなんですね~
羨ましいです。

「なが餅笹井屋」さん、昨日、高島屋に行ったら、いつも置いているわけではないそうです。残念!

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

pacoちゃんへ

ありがとうございます。
お蔭さまで無事退院して自宅で療養しています。
昨夜電話したら、2階にある部屋から階段を下りて電話に出てました^^;
どこまでも元気な母なんです^^
やっこも負けそうです^^;
2011-12-15-10:42 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

くりそつ!

さっき名無しで投稿したようなしなかったような・・
麻酔明けでなくても怪しい行動の私です(笑)
お母様、そっくり~!!!
想像以上に大変な手術、よく頑張られました。
頑張った甲斐あって、もうスッキリ!ですね。
どうぞ一日も早くご回復されますように。
2011-12-13-20:20 * paco [ 返信 * 編集 ]

コメントをくださったみなさまへ

v-100mipoさんへ
ぼかしてあってもすぐわかりますね(笑)
性格もそっくりなんです。(すごくイヤなんですけど・・)
術後、いろんなことをしでかす人がいるとは聞いていましたが、「えっ!?」と「やっぱり!」が同時に来ました(笑)

v-272☆きらきら☆さんへ
☆きらきら☆さんの次女さん、そっくりサンですね♪
うちは年を追うごとに顔も性格もそっくりになってきたと周りから言われてます(^▽^;)
麻酔って、やはりいろいろと影響を及ぼすのですね。
やっこも全身麻酔の手術をしたことがあるけど、若かったからそんなこと何もなかったけど・・・。
年を取るってタイヘン!!

v-272ももママさんへ
やっこはあまり役に立たない娘なので(^▽^;)あまり頼りにされてません。
マメな父がしっかりと介護してくれていて、助かります。
母よりもちゃんと家事をこなすので、安心なんです。
そんなところもそっくりです(笑)

v-272mizueさんへ
開腹手術は、しばらく痛いですよね~(T_T)
笑っても痛いけど、くしゃみしても痛い。
そんな母が、爆笑ネタを作ってくれました。
本人は大まじめなの。
そういうところもそっくりな親子です^^
2011-12-11-12:01 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

遅くなってしまいましたが、お母様大変でしたね、
術後の痛さ、う~思い出すだけでも痛くなる・・・
実家の義父も術後おかしな言動があって同じような心配しましたよ、
痛み止め辞めてから平常に戻りました。

修正されてもやっこさんがそっくりなのわかります^^。
お母様どうぞお大事にしてくださいね。
2011-12-09-23:35 * mizue [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

お母様大変でしたね。
やっこちゃんがそばにいたから
心強かったでしょ。
それにしても良く似てる(^^)

術後もどうぞお大事に。
一日も早く快復しますように。
2011-12-09-20:14 * ももママ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

私と次女もそっくり!と言われますが やっこ母子さんもそっくりですね!
思いがけず開腹手術で大変でしたね。
そう言えば、義父も麻酔後の点滴にはハラハラしたことを思い出したわ。
でも、やっこママ順調との事 本当に良かったです。
お大事になさってね。
2011-12-09-16:04 * ☆きらきら☆ [ 返信 * 編集 ]

そっくり!

あまりにそっくりで、やっこさんかと思いました!
お母様の手術、大変でしたね。
術後の騒動もびっくりしたでしょう。
“引き出しにしまった”でクスクスって笑っちゃいましたけど。
経過は順調のようで何よりです。
やっこさんの元気さとお茶目なところは
お母様譲りなんですね♪
2011-12-09-13:08 * mipo [ 返信 * 編集 ]

コメントをくださったみなさまへ

v-100釉さんへ
ありがとうございます。
母は健康ですが、ときどき胆石と帯状疱疹で短期の入院はこれまで経験しています。が、今回は体にメスが入ったので、かなりのストレスだったのでしょう。
ウチは両親とも4名健在です。
ずっと健康でいてほしいですね。

なが餅・・・いつもあるわけじゃないのですね(T_T)

v-100さくら子さんへ
ありがとうございます。
「たよりのないのは元気な証」。
お互いにそんな生活をしていましたが、今回、元気な母も年を取ったなぁと実感しました。
お互いに気ままな親子なので、あまり干渉せずに暮らしてきましたが、ときどき顔を見せてあげないと、改めて思いました。

v-100三日坊主さんへ
ありがとうございます。
胆のうにぎっしり石が入っていたのに、普通に暮らしてきていたので、ドクターもびっくりされていました。
まわりの家族もびっくり。
医学が進歩しても、目で確認しないとわからないことってあるのですね。

v-100mcnjさんへ
ありがとうございます。
点滴を手で持って現れたときは、あきれるやら、笑えるやら・・・
大事に至らなくてよかったです。
年を取っての全身麻酔はやはりダメージが大きいのですね。

v-100yasukoさんへ
ありがとうございます。
病室から離れるときに、トイレのこと、ナースコールのことをしっかり伝えて行ったのですが、ぼんやりとしていたのですね。
日常わかっていることも、わからなくなってしまうことがあるんだと思い知らされました。
この先、こんなふうに年を取っていくのでしょうね~。
忘れられないうちに親孝行しなくちゃ~!

v-100ルミちゃんへ
ありがとうございます。
ルミちゃんがひざの手術した時、同室だった人たちもやはりおかしな行動をとられてたのですか。
ちょっとその話を聞いて安心しました。
よくあることなのですね。
母は、自己な行動ではなく、他人を気にしながらの行動をとっていたので、ホッとしました。

ワイン、やっと落ち着いていただきました♪
ありがとう~!!

v-100ケイさんへ
ありがとうございます。
これまで何度か、石が降りて病院に駆け込んだことがありましたが、今回でその心配もなくなりそうです。

ケイさんのお母様もアクティブなお母様と伺ってますが、やっぱり血は争えないですね^^
顔もさることながら、電話の声もそっくりなんですよ。
だいたい実家で電話に出ると、母だと思われて、話がそのまま進みます。(笑) 
娘だと言うと、「えっ!?」って言われることが多いです。

v-100JUNさんへ
ありがとうございます。
JUNさんのお母様も胆石で苦しまれたのですね。
その後はお変わりないですか?
お父様とお母様と入院されるとJUNさんも大変でしたね。
ウチもこの先、そういうことがあるかもしれません。
介護する側が倒れないようにしないと・・・w

v-100のんきさんへ
ありがとうございます。
急激にボケが来て、大変なことになった、と焦りましたが、一時的なものでよかったです。

お孫さんよりも、お嫁さんよりもやはり息子さんですか!
お孫さん>息子さんかと思っていましたが・・・
やはり自分がお腹を痛めて産んだわが子が一番ですかねぇ?
これまで親孝行しなさすぎたので、ボケないうちにそろそろしなくちゃです(^▽^;)

v-100キャスバルさんへ
ありがとうございます。
お見舞い、付き添いをしながら、旧友とのランチ、お茶を楽しみました。 なかなか帰れないので、帰った時は大忙しです。

両親ともに元気なのが取り柄でしたが、年には勝てないなぁと思うようになりました。
幸いいいお医者さんに恵まれて、母もすっきりしましたが、病院が遠いというのは不安ですね。
ゆくゆくは四日市にご両親を呼ばれるのかしら?






2011-12-09-07:36 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

そうだったんですかっ!?

お久しぶりです!
久々に来てみたら、やっこさんが四日市に帰って来てる!
その理由がお母さんの手術っ?!
びっくりしました。

しかし経過も順調そうで良かったですね。
ウチの両親も今はピンピンしてますが、段々とどこかしら悪くなって来るでしょうから心配です。
特に、あんな田舎では手術するような事になっても近所には無いですから...。

親孝行&久々の地元をご堪能ください!
2011-12-08-20:17 * キャスバル [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

手術が無事に済んでよかったねぇ
術後の経過も良好みたいで、やれやれ・・・

それにしても、本当に一卵性母子ね。
そっくりよ!

近鉄ででもお会いしたら、声掛けてみよっと(笑)

息子が遠く離れていて、いつも案じるのは、孫の健康でもなく、嫁の健康でもなく、息子の事
それを、友人たちは過保護だと笑いますが、やっぱり親って子供の事が一番なのよね
お願い!機会を見つけて時々はお顔を見せてあげて下さい
両親を亡くした私が言うのよ。笑
親の元気なうちに、孝行しないと・・・ネッ!
2011-12-08-16:52 * のんき [ 返信 * 編集 ]

こんにちは~♪

お母様大変でしたね!
でも無事に退院できそうで良かったです。
お大事にして下さいね。
うちの母も去年胆石で入院して、すっごく石がたくさんあって
結局胆のうを除去してしまいました。
父の事が心配だったので、毎月1週間づつ入院して、
3ヶ月かかりました(>_<)
2011-12-08-16:08 * JUN [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

お母様 大変だったのですね。
術後の経過が順調で 良かったです。
アクシデントも 大事に至らず 安心しました。
お母様 くれぐれも お大事にね☆

やっこさんと そっくり母娘です~。
アクティブなのも 似ているのですね。
私と母も 似ていないと思っていたら
写真に 映っている姿が やっぱり似ていました。
電話では 声がそっくりみたいで 間違えられます(笑)
2011-12-08-15:48 * ケイ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

ぼかしても、
やっこさんにそっくりです!!
凄い(*^o^*)

私が膝の手術をした時には、
四人部屋で、私を含め
三人は術後の夜におかしくなり、
私は「大丈夫もう歩けるから下ろして下さい」と
一言で済みましたが、
前のベッドのおばあちゃんは「素麺できたわよ~」とf^_^;)
隣の方は自宅と勘違いして、全員に出ていけ!
と大騒ぎになり、ナースステーションに連れて行かれました…
唯一何もなかったのは最高齢90歳の方でした!


お母様は大きな手術になってしまい、
不安もあったんでしょうか、
もう胆石出来ないと良いですね!!
2011-12-08-11:58 * ルミ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

↓ ベゴニア園 なばなの里 ふふふ其れと とんてき 釆女の里  太白永餅 みんな見慣れて物ばかり大好きです
実家に帰ってお友達に逢ったり美味しい物食べたりして楽しい里帰りだとばかり思っていました
一番の理由は、お母様の手術でしたのね
簡単だと聞いてたから、心配だけど深刻には思ってなかったのやね
全身麻酔だし大きな手術でしたから元に戻るのに時間がかかると思います 朦朧としてるんだよね やっこさん達の面会中もトイレ行きたかったの我慢してたのかもね? けどトイレで倒れなかって良かったです 
後は日にち薬やね、お元気になってお父様と仲良くお暮らしになるでしょう
何時 何が起こるか解りません 親がいてくれる内に十分親孝行したいですね お大事に


2011-12-08-11:14 * yasuko♪ [ 返信 * 編集 ]

点滴

あれあれ、大変でしたね。
点滴中のトラブルは事故にむすびつきます。
大きな事故にならなくて良かったです。
お大事にして下さい。
2011-12-08-11:11 * mcnj [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

まあまあ、そんなこととは知らずに失礼しました。
でもご無事に手術を終えられて良かったですね。

大手術でないにしても、手術となるととても心配ですもの・・・
まだまだお若くてお綺麗でお元気なお母様ですね。
本当にやっこさんに似ていらっしゃいますね♪
どうぞお大事に・・・
2011-12-08-10:46 * 三日坊主 [ 返信 * 編集 ]

お大事に!

やっこさん、お母様の手術、簡単だとは聞いていても高齢な方に麻酔掛けるのは心配ですもんね。でも何はともあれ回復されているご様子、良かったですね。

離れて生活している次兄のことを『頼りのないのが元気な証し!』と淋しそうに話していた母でした。
やっこさんにそっくりなお母様に会いに行ってあげましょうよ。健康な時もね。(*^_^*)



本当にそっくりです。

2011-12-08-09:09 * さくら子 [ 返信 * 編集 ]

お大事に

お母様の手術でのお里帰りでいらしたのですね。
それはご心配でいらしたでしょう……

麻酔のせいももちろんおありなのでしょうが、
もしかして、やっこさんのお母さまは、あまり入院経験がおありにならない?
そういう方は、慣れていない分、結構、病室で、魅せてくださいます(笑)
でも、それって、ご健康のしるしですから、お幸せですよね。
寒い季節なので、どうぞ、お大事に。

やっこさんはご両親様も義両親様も皆さん、お揃いなんですね~
羨ましいです。

「なが餅笹井屋」さん、昨日、高島屋に行ったら、いつも置いているわけではないそうです。残念!
2011-12-08-08:27 * 釉 [ 返信 * 編集 ]