FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 東北 › 気仙沼~女川~石巻
2011-09-12 (Mon) 15:52

気仙沼~女川~石巻

12011-09-07 063-001 

気仙沼の海から500mほど離れた陸地に
打ち上げられた第十八共徳丸

宇宙戦艦ヤマトが陸地に上がったような感があります。
この船を撤去するには莫大な費用が掛かるそうで
震災のモニュメントにしようとする動きがあるそうです。


12011-09-07 072-002 

海の近くの水産加工工場などが並ぶ一角
まだまだ車がそのままになっていたり
冠水して通行できない道が多かったです。


12011-09-07 079-003

気仙沼港の消防艇らしき船
重油が流れ出して火の海となった
気仙沼湾の火を消そうとしたのに、
自ら燃えてしまったのでしょう。


12011-09-07 106-004 

気仙沼の地福寺
半壊したお寺の境内に残る
観音様と地蔵菩薩像

階段や灯籠、お墓はなぎ倒されているのに
像だけが立っているのが印象的でした。



12011-09-07 123-005 

「6mの津波が来ます」と最後まで
任務を遂行した遠藤未希さんは
こちらの2階で津波に遭われました。


12011-09-07 209-006 

石巻市雄勝公民館の屋根の上の観光バス


12011-09-07 244-007 

女川町のがれきの山
女川を襲った津波は15mを超え
街の中心部は壊滅的な被害を受けました。

小高い山の上の町立病院を訪れましたが、
その病院の1階も津波で襲われ
車いすの患者さんが亡くなられたそうです。


12011-09-07 251-008 

聞き取り調査のため
女川町の清水仮設住宅を訪れました。

津波から奇跡的に助かった女性お二人の
お話をうかがうことができました。

12011-09-07 284-009 

石巻の日和山から見た旧北上川左岸

12011-09-07 285-010 

北上川右岸
津波で広範囲に住宅地が流され
更地になっています。
草原になっていました。


12011-09-07 314-011 

道の真ん中に
巨大な鯨大和煮缶詰が横たわっています。

もともとは石水という缶詰工場の
タンクだったものです。

元の写真のあるサイト  ☆☆☆


関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
どれもつらくなる写真です。
一番下の大きな缶詰の写真のそばは
魚の腐ったような匂いと
重油の匂いがまじったような、
鼻をつまみたくなるような匂いでした。
以前はもっともっとひどかったそうです。

今はきれいに更地になってますが、
ここに街があったのかと思うことすら
想像出来ない状態でした。

復興まではまだまだ長い道のりですね。

Patchouliさんの元彼さん、心配ですね。
なかなか生死の情報が入らない状態が
まだまだ地元でも続いているそうです。
住むところが変わったり、携帯や電話が流されて
連絡をお互いにとれないと聴きました。

6か月。長くもあり短くもあった6か月。
みんな必死に生きているのが感じられました。

NoTitle * by のんき
震災から半年の月日が経っているのに・・
半年って、生まれたばかりの赤ちゃんが、首が座り、離乳食だって食べ始めたり・・・そんな時間が経ってるわけよね・・
1枚1枚、丁寧に見たい写真ですが、なぜか、見る事ができません
胸が詰まります

NoTitle * by Patchouli
現状のレポート、拝見すると胸が痛みますね。
まだこんなに瓦礫の山が…

実は私の元彼は、石巻出身でした。
おそらくご両親は被災していると思うのですが、
メールの返事がなく、連絡が取れなくなってしまいました。
すごく心配なんですけどね…
半年もたっているのに、
もっと早く復興が進むことを願ってやみません。

半年たっても・・・ * by paco
半年たってもまだこの状況・・
どう復興していけばよいのか、
その危険性から元の土地には戻れない、
そんなこともありなかなか進まないのでしょうね。
昨日は復興にかかわる講演会に行ってきました。
復興事業に手を挙げている中に
”三陸にリニアを走らせよう”というものがあるそうで・・
何考えてんだかわかんない、復興に便乗した利益優先の
企業に腹が立ちました。
こういう時だからこそ住民の目線で復興を進めてほしいですよね

NoTitle * by ココア
見ているだけで、辛くなります。
もう少し復興が進んでいるのかと思いましたが
まだまだ、なんですね。
被災された方々のごく普通の日々の生活が
送れる日は、いつのことでしょうか…

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

コメントをくださったみなさまへ

どれもつらくなる写真です。
一番下の大きな缶詰の写真のそばは
魚の腐ったような匂いと
重油の匂いがまじったような、
鼻をつまみたくなるような匂いでした。
以前はもっともっとひどかったそうです。

今はきれいに更地になってますが、
ここに街があったのかと思うことすら
想像出来ない状態でした。

復興まではまだまだ長い道のりですね。

Patchouliさんの元彼さん、心配ですね。
なかなか生死の情報が入らない状態が
まだまだ地元でも続いているそうです。
住むところが変わったり、携帯や電話が流されて
連絡をお互いにとれないと聴きました。

6か月。長くもあり短くもあった6か月。
みんな必死に生きているのが感じられました。
2011-09-14-10:31 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

震災から半年の月日が経っているのに・・
半年って、生まれたばかりの赤ちゃんが、首が座り、離乳食だって食べ始めたり・・・そんな時間が経ってるわけよね・・
1枚1枚、丁寧に見たい写真ですが、なぜか、見る事ができません
胸が詰まります
2011-09-14-09:23 * のんき [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

現状のレポート、拝見すると胸が痛みますね。
まだこんなに瓦礫の山が…

実は私の元彼は、石巻出身でした。
おそらくご両親は被災していると思うのですが、
メールの返事がなく、連絡が取れなくなってしまいました。
すごく心配なんですけどね…
半年もたっているのに、
もっと早く復興が進むことを願ってやみません。
2011-09-13-23:37 * Patchouli [ 返信 * 編集 ]

半年たっても・・・

半年たってもまだこの状況・・
どう復興していけばよいのか、
その危険性から元の土地には戻れない、
そんなこともありなかなか進まないのでしょうね。
昨日は復興にかかわる講演会に行ってきました。
復興事業に手を挙げている中に
”三陸にリニアを走らせよう”というものがあるそうで・・
何考えてんだかわかんない、復興に便乗した利益優先の
企業に腹が立ちました。
こういう時だからこそ住民の目線で復興を進めてほしいですよね
2011-09-12-18:10 * paco [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

見ているだけで、辛くなります。
もう少し復興が進んでいるのかと思いましたが
まだまだ、なんですね。
被災された方々のごく普通の日々の生活が
送れる日は、いつのことでしょうか…
2011-09-12-17:33 * ココア [ 返信 * 編集 ]