FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › 街歩き › 鎌倉の街角から
2010-09-14 (Tue) 06:41

鎌倉の街角から

120_20100914062611.jpg

甘縄神社のおまつり

128_20100914062611.jpg

麩帆さん
麩まんじゅうを買おうと思ったら、売り切れでした。

133_20100914062610.jpg

作家の故・吉屋信子さんのお屋敷
(現在は吉屋信子記念館になっています)
ピンク色の立派な塀が印象的。

139_20100914062610.jpg

蔵のある道

140_20100914062609.jpg

立派な新聞店

144_20100914062606.jpg

ペット用品のお店の前で

150_20100914062823.jpg

ル・ポワン・ウエウトさん
初めてオフをしたレストランですね。

154_20100914062823.jpg

酒屋さんの店頭のゴーヤ

157_20100914062822.jpg

靴屋さんの犬
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

なかよしさんへ * by やっこ
今回歩いた通りは、由比ヶ浜通り、御成通りという昔から栄えた通りです。
古いお店と新しいお店がうまく共存していますが、入れ替わりも激しいところでもあります。

源さんへ * by やっこ
鎌倉は中心部でもマンションも少ないし、ビルも少ないのが特徴ですね。圧倒的に一軒家が多いです。しかも庭付きの。
吉屋信子さんは昭和時代の少女小説~歴史小説を書かれた作家さんです。じつはやっこは彼女のファンで、中学校時代から大人になるまでいろんな小説を読んできました。
彼女の晩年書いた歴史小説がここで書かれたと思うと、特別な感情でお屋敷を眺めてしまいます。
普段は入ることができないのですが、年に何日か公開日があります。
鎌倉は街中と海の見える地域とあまり住宅に大差がないのが特徴ですね。どちらもお屋敷が多いです。

NoTitle * by なかよし
古い物と新しいものがうまく統一されてますね。酒屋の前はゴーヤですか・・・・。
新聞屋さん・・お寺かと・・・。いい街ですね。近所付き合いもよさそう。

やっぱり鎌倉 * by 源さん
昔の町並みを残しつつ、新しさも違和感なく存在しています。
有名な作家さんですか?立派な塀のお屋敷ですね。
やっぱり、どこを取っても絵になる町ですよ。
古い家並みと、海が似合う鎌倉かな?

Patchouliさんへ * by やっこ
そうです!由比ヶ浜通りですよ~!
麩帆さんの麩まんじゅうは早くいかないとなくなってしまいますね。 でも生ものなのであまり持ち歩けないし、その場で食べるのが一番かな!?
お地蔵様は、アジサイの季節にはアジサイの陰にいらっしゃったんですよ。
アジサイの花ばかり見ていると、全然気づかないところ^^
そのお地蔵様を移設したようです。
来年のあじさいの季節はまたあじさいの下に移設するのかな?

mcnjさんへ * by やっこ
鎌倉の人たちは古いものを上手に利用しながら生活されるのが得意です。
新と旧の融合が、鎌倉の特徴です。
まだまだ古いものは大切に個人レベルでも大切にされていくんじゃないかとやっこは思います。

NoTitle * by Patchouli
麩まんじゅうのお店があるということは、
ここ由比ヶ浜通りですか??
風情ある町並みですね(^^)
麩まんじゅう食べてみたいな~~♪

以前、長谷寺に行った時は紫陽花の頃で、
周りをちゃんと見てなかったのか、
お地蔵様に全然気がつきませんでした(笑)
今度行った時はちゃんとみてこようと思います。

鎌倉にも * by mcnj
様々な表情がありますね。
作家の邸宅から、蔵道、商売屋、カフェですか。
静かな街鎌倉も、昔のままに相続して行けるのは、記念館くらいでしょうか。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

なかよしさんへ

今回歩いた通りは、由比ヶ浜通り、御成通りという昔から栄えた通りです。
古いお店と新しいお店がうまく共存していますが、入れ替わりも激しいところでもあります。
2010-09-14-22:28 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

源さんへ

鎌倉は中心部でもマンションも少ないし、ビルも少ないのが特徴ですね。圧倒的に一軒家が多いです。しかも庭付きの。
吉屋信子さんは昭和時代の少女小説~歴史小説を書かれた作家さんです。じつはやっこは彼女のファンで、中学校時代から大人になるまでいろんな小説を読んできました。
彼女の晩年書いた歴史小説がここで書かれたと思うと、特別な感情でお屋敷を眺めてしまいます。
普段は入ることができないのですが、年に何日か公開日があります。
鎌倉は街中と海の見える地域とあまり住宅に大差がないのが特徴ですね。どちらもお屋敷が多いです。
2010-09-14-22:26 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

古い物と新しいものがうまく統一されてますね。酒屋の前はゴーヤですか・・・・。
新聞屋さん・・お寺かと・・・。いい街ですね。近所付き合いもよさそう。
2010-09-14-15:54 * なかよし [ 返信 * 編集 ]

やっぱり鎌倉

昔の町並みを残しつつ、新しさも違和感なく存在しています。
有名な作家さんですか?立派な塀のお屋敷ですね。
やっぱり、どこを取っても絵になる町ですよ。
古い家並みと、海が似合う鎌倉かな?
2010-09-14-11:01 * 源さん [ 返信 * 編集 ]

Patchouliさんへ

そうです!由比ヶ浜通りですよ~!
麩帆さんの麩まんじゅうは早くいかないとなくなってしまいますね。 でも生ものなのであまり持ち歩けないし、その場で食べるのが一番かな!?
お地蔵様は、アジサイの季節にはアジサイの陰にいらっしゃったんですよ。
アジサイの花ばかり見ていると、全然気づかないところ^^
そのお地蔵様を移設したようです。
来年のあじさいの季節はまたあじさいの下に移設するのかな?
2010-09-14-09:10 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

mcnjさんへ

鎌倉の人たちは古いものを上手に利用しながら生活されるのが得意です。
新と旧の融合が、鎌倉の特徴です。
まだまだ古いものは大切に個人レベルでも大切にされていくんじゃないかとやっこは思います。
2010-09-14-09:05 * やっこ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

麩まんじゅうのお店があるということは、
ここ由比ヶ浜通りですか??
風情ある町並みですね(^^)
麩まんじゅう食べてみたいな~~♪

以前、長谷寺に行った時は紫陽花の頃で、
周りをちゃんと見てなかったのか、
お地蔵様に全然気がつきませんでした(笑)
今度行った時はちゃんとみてこようと思います。
2010-09-14-08:57 * Patchouli [ 返信 * 編集 ]

鎌倉にも

様々な表情がありますね。
作家の邸宅から、蔵道、商売屋、カフェですか。
静かな街鎌倉も、昔のままに相続して行けるのは、記念館くらいでしょうか。
2010-09-14-07:43 * mcnj [ 返信 * 編集 ]