FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Top Page › カナダの旅 › Banff日記 【8】
2009-07-19 (Sun) 07:15

Banff日記 【8】

2.jpg
バンフ2日目。
どんよりと曇り空です。
コロンビア大氷河に向けてのツアーが始まりました。
今日はドライバーの山本さん、ガイドの桑野さん、
そしてワーキングホリデイでカナダにいらっしゃっているOさんの
5名のツアーになりました。

カナディアンロッキーに沿って流れるボウ川と山々。
真ん中の木の先をよく見ると、ポコッと膨らんでいますね。
これは鳥の巣なんだそうです。
鳥の巣といえば・・・ということで案内していただいたのが

3_1.jpg

ここです。
鉄橋の真上に大きな鳥の巣が。
オースプレイ(ミサゴ)の巣だそうです。
自然がいっぱいあるところなのに
こんなところに巣を作らなくても・・・って
思いますよね?

1.jpg

道路を走っているとこんなトンネルがところどころにあります。
これはアニマルオーバーパスっていう
動物専用の歩道橋なんです。
カナディアンロッキーを縦走しているトランスカナダハイウェイ1号線は
日本の国道1号線のような存在。交通量もそこそこあります。
動物たちが道路によって生態系が分断されないようにという配慮で、
カナディアンロッキー内の道路に数ヶ所設けられています。
この上を鹿とか熊とかも通るんですね~。
自然を大切にするお国柄です。

4.jpg

さて、この山はキャッスルマウンテンという山。
カナディアンロッキーの山々の中でもとても有名な山です。
岩の上にそびえ立つ古城のような風格です。

5.jpg

上の写真を撮ったキャンプ場のロッジです。
セルフのガソリンスタンドになっていますが、
計器がとってもクラッシックでした。

13.jpg

レイクルイーズです。
小雨が降っていて真っ青な空とエメラルドグリーンの
画像が残せなかったのが残念ですが、
それでもやっぱりきれいな湖です。
山の雪は実は氷河なんです。
その氷河が岩を削りながら溶け出し
こんなきれいな色の湖を作っているんです。

6.jpg

レイクルイーズの名前のもとになった
ルイーズ・キャロライン・アルバータという女性。
この方はイギリスのビクトリア女王の四女であり、
カナダの総督の奥様になった方であります。

16.jpg

レイクルイーズの湖畔には
ザ フェアモント シャトーレイクルイーズが建ってます。
この湖とこのお城のようなホテルは
ブルーコメッツ(知らない人のほうが多い?)のブルーシャトウという歌
「♪森と泉に囲まれて~♪」の原型になったところなんだそうですよ。

♪森とんかつ泉にんにく~~♪となぜかこちらを口ずさんでしまいます(*^□^*)

23-tile.jpg

シャトーレイクルイーズの中を歩いてみました。
格式の高いホテルだけあって
長い廊下の照明や調度も素晴らしいです。
ホテル内の本屋さんもステキでした。

11-horz.jpg

ホテルのカフェの窓から見えるレイクルイーズ

10-horz.jpg

いろんな表情が見られて一枚の絵を見ているような感じでした。

19.jpg

そんなうっとりする風景を見ながら
聞こえているのがハープの生演奏。
あまりゆっくりと聞く時間がありませんでしたが
贅沢な時間でした。
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可