FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

Archive2018年10月 1/2

奥入瀬ランプ工房

これ、何だと思いますか?第1ヒントこの形を見たら、ピンとくるでしょう!?第2ヒントはい、答えです。これ、みんな「ひょうたん」でできたランプなんです。こんな可愛い作品も。ギャラリーの中はほのかな光を放つひょうたんが並んでいてとても素敵でした。***野の花さんを訪れた時に、ひょうたんのランプが飾ってあり、気になったのです。入り口に奥入瀬ランプ工房さんのチラシがあったのでもらってきました。奥入瀬の入り口...

  •  0
  •  0

奥入瀬渓流

朝の十和田湖です。画像中央右側に見えるのは遊覧船とっても小さく見えます。紅葉はちょこちょこ見えます。目の前の湖の水面下が十和田湖の最深部なんだそうです。深さ327mもあるんだそうですよ。ちなみに湖の深さ日本一は秋田県の田沢湖の423.4m2位は北海道の支笏湖360.1m3位が青森・秋田県の十和田湖の326.8m手前のもう一方の御倉半島のほうがきれいに色づいていました。十和田湖を一望できる瞰湖台展望台の手すりのコケ...

  •  7
  •  -

野の花さんと十和田荘

この旅を計画した時に、Eさんからおすすめされた野の花焼山荘さん。素敵な旅館なので、泊まりたかったのですが、予約でいっぱいで取れませんでした。Eさんが、見学だけさせてもらえるかも・・とずうずうしく頼んでみたら、快く「どうぞ・・」と了解してもらえました。ロビーには、ケヤキで出来た椅子やテーブル、火鉢が置かれていました。お部屋の中はもちろん、廊下も全館たたみ敷きコーナーには手作りの小物や帯で出来た飾りがす...

  •  4
  •  -

城ヶ倉渓谷と酸ヶ湯

地獄沼付近の紅葉です。このあたりが一番きれいでした。地獄沼に注ぎ込む小川地獄沼ほとりの紅葉地獄沼からしばらく山道を上っていくと酸ヶ湯温泉があります。酸性度が高く、混浴風呂ということで残念ながら浸かりませんでした。酸ヶ湯からまたしばらく山道を上ると只今の気温 10℃突風注意 の標識が目に入りました。ここは城ヶ倉大橋日本で一番長いアーチ橋。アーチの一番長いところが225mなんだそうです。紅葉の名所なの...

  •  3
  •  -

八甲田へ

道の駅 奥入瀬ろまんパークでひとやすみ。栗のソフトクリームを食べたらその巻きにビックリ!普通のソフトの1.5倍くらいありそうです!!ちゃんとクリの風味と食感がして、クリ好きは嬉しいソフトでした。奥入瀬川の脇を走りながら、八甲田を目指します。紅葉見つけました。蔦温泉湯治宿として古くから有名。男女混浴だったそうですが、今は分けられているようです。古いけど、立派な建物です。蔦温泉脇から沼めぐりの小径がありま...

  •  2
  •  -

青森

21:45発の夜行バスに乗って北へ。目がさめると朝の岩手山。思えば遠くに来たもんだ~^ ^八戸に着くと、お友達のEさんの車でドライブ開始です。楽しい3日間のスタートです!!...

  •  4
  •  -

10月のお茶のお稽古

10月のお稽古は竹台子(たけだいす)というお棚お花は、秋明菊、ホトトギス、赤のミズヒキお軸は、明月のお軸だそうです。先生の先輩の方の形見分けのお軸なんだそうですが残念ながら達筆すぎて字が読めなくて・・・ということでした。今日のお干菓子高山の塩落雁とそばぼうろ主菓子はお茶羊羹でした。(主菓子は写真なし)今日のお茶器は、柿に見立てたもの。平べったいお茶器ですので、お袱紗で二の字を書いて拭いた後お袱紗を右...

  •  0
  •  -

10月のベランダ

前回の台風24号が去った後ベランダの花もかなり塩害を受けて夏の花がほぼ枯れてしまいました。ツボミを持っていたバラは何事もなく咲いてくれました。2日遅れて2つ目の花が咲きました。ミセバヤのつぼみが大きくなってきました。この先、葉っぱも紅葉してきてどんどんきれいになります。楽しみです。ほんのりピンク色に変わってきました。ダイヤモンドフロストハンギングのあしらいで植えていましたが、このお花だけは元気に残...

  •  6
  •  -

夜の元町

いつもは昼間に歩くことが多い元町を夜7時ごろに歩いてみました。お目当ては文具のお店伊東屋。銀座に本店のある有名な文具店が先月、元町にやってきました。文具好きのやっこですが、昔ほど心のときめきがないことに気付きました。四日市から上京した学生時代は、銀座の伊東屋に行くのがすごく楽しみだったのですが・・・そうです、モノが溢れている現代、伊東屋で見るものに新鮮さを感じないのです。でも、カードや便箋等伊東屋...

  •  8
  •  -

どこのお土産?

お土産です!と机の上においてあった「りんご乙女」というおせんべいです。どこのお土産かな?と思ってパッケージを探したけどヒントになる地名もなく、青森?秋田?長野?とリンゴのできる県を言ってみた(笑)クイズか!?しかし裏返しにしても製造元、販売元の名前もなく、どこのお土産か謎のまま。謎に包まれたまま中身を出して食べてみたら、ほんのり本物のリンゴの甘酸っぱさがあり、自然な味と香りで美味しかったです。後で...

  •  6
  •  -