やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Archive [2006年01月 ] 記事一覧

ハワイへの夢

かなり前に発表されていたのですが、面倒なのでまだ見ていなかった年賀状の当選番号。1月も最終日だし、雨も降っているのでと、やっとチェックしてみました。我が家の年賀状ざっと300枚。その中で当たったの、末等が4枚。もしかして『1等ハワイ』が当たってるかもと最後に見てみましたが、全滅。なんかこんなに当たらなかったの過去最低かも。今年はくじ運悪いのかな?...

少々おまちください

電話をしていて気になっていることがあります。「少々お待ちください。」というときに流れる保留中の音楽。今日、ある会社に電話したら、これがすごく大きな音で、受話器を耳から少し離さないと、耳が痛くなるくらいでした。時々あるんです。(;^_^Aこれって、その電話の持ち主は直接聞けないので、わからないですよね?逆にすごくいい音色で,眠くなりそうなくらいゆったりと待てる音楽の保留音や南国風の鳥の声のバックに音楽の流...

ちょっと真面目に・・・

昨日、今日と2日間、あるインストラクターの養成講座を受けていました。「プロテクション アンド アドボカシー」ちょっと聞き慣れない言葉ですが、日本語で言うと「権利擁護」  もっとむずかしいですね。(笑)一般の人に障害を持った人の理解を深めたり、障害をもった人に、「自分を守る」ためにはどうすればよいかということを伝えていくインストラクターです。自閉症の人はどんな感覚で世の中を見ているか?実際にペットボ...

横浜の靴下

横浜の歌といえば・・・♪あかくつ~は~いてた~女の子♪ですね。で、赤い靴の靴下!横浜の動物園「ズーラシア」にいる希少動物といえば「オカピー」で、オカピー靴下!!...

冬晴れの横浜

久しぶりに雲ひとつなく晴れ渡った昨日の横浜です。桜木町周辺~赤レンガ倉庫~元町と歩きました。お昼にいただいた「リバイユ エキスキーズ」というフレンチのお店の健康ランチのサラダ。お豆など24品目が入ってます。なかなか美味。赤レンガの中のお気に入りのアンティークのお店。アメリカの古い家具とガラスの照明器具がキレイです。ここに来ると夢の世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。元町通りのところどころにおいて...

京の菓子・東京の菓子

昨日で京都シリーズは終わりと告げましたが、ひとつだけ忘れていました。(^_^;)点数の高いお菓子を2点紹介させていただきますね。お土産に買ってきた満月の「阿闍梨餅」(あじゃりもち)外側の皮が、カステラのように見えるのですが、お餅とカステラが混ぜ合わせてある感じです。不思議な食感。中のあんこは粒あん。出町の「ふたばのまめ大福」も美味しかったけど、これもかなりやっこの中では点数の高いお菓子です。京都土産の候...

そうだ!京都へ行こう。(いろいろ編)

シリーズでお送りしてきた「そうだ!京都へ行こう。」 今日で最終回です。お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。<m(__)m>東寺から東福寺へ向かう途中、見つけた「ロバのパン」四日市生まれの私にとってとても懐かしい名前です。3~4歳のころまで本物のロバに車をつけて「♪ロバのパンです チンカラリン♪」っていう音楽を流しながら「蒸しパン」を売りにきていました。京都でもまだ売ってたんですね~。車...

そうだ!京都へ行こう。(骨董編)

まだまだ続きます。「そうだ!京都へ行こう。」シリーズ。(笑)東寺の「初弘法」の露天に出ていた骨董品たちです。古い染付けのお皿。かわいい小皿がほしいなあと思って、値段を見てびっくり。小皿に「万」の単位はちょっと払えません。(;^_^A大正から昭和初期にかけてのオールドグラス。乳白色というのが、ガラスなのに温かみを持った物体にしています。電器のかさもなかなかおしゃれです。うちのトイレもかわいいかさにしてみた...

そうだ!京都へ行こう。(手作り編)

写真の上から4枚目までは、東寺の「初弘法」のお店で出ていた和の小物。全部それぞれのお店の人の手作りで、温かみが感じられました。張子の犬のお人形。お雛様にもなりそうです。古いお猪口に古い着物地で作った針山が入っています。針山としてではなく、こうやってお盆の上において並べておくだけでもかわいいです。ちりめんの着物地とフラノ地を合わせたマフラー。すごくかわいくて、軽くて暖かそうなので、買おうと思いました...

大徳寺

大覚寺はひとつのお寺ではなく、21の小さなお寺(塔頭【たっちゅう】)から成り立っています。山門「金毛閣」です。禅宗(臨済宗)のお寺なのに珍しく朱色の山門でびっくりしました。そしてこの山門は千利休が寄進し、楼上に自らの坐像を置いたために秀吉から切腹を命じられたという曰く付きの山門。侘びと寂を説いた利休がどうして朱色の山門を寄進したのか、疑問に思いました。塔頭のひとつ「大仙院」の門前の松。枝ぶりがすば...

ご案内

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

やっこ

Author:やっこ
楽しいこと、美味しいもの、旅行、
街歩き、ガーデニングが大好き。
カメラの趣味も増えました。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

FLOWERS

お花を中心としたアルバムです。

月別アーカイブ

やっこへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

右サイドメニュー