やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

Category [茶道 ] 記事一覧

10月のお茶

10月の掛け軸とお花です。掛け軸は、9月と同じ大徳寺管長の掛け軸お花は秋明菊、不如帰(ホトトギス)、小菊、錦木10月は少し寒くなり、風炉釜がお客様に少し近づき暖が取れるようにと、真ん中に風炉釜が来ます。そのため、このお手前は「中置き手前」といいます。(いつもは客席より遠い左側に風炉釜がきます)そのため、水指はスペースが無いため細水指を使用。お運びする時は、手前畳2歩目で斜めにむく。左斜めに座り座り、水指は...

9月のお茶のお稽古とイングリッシュガーデン

9月のお茶のお稽古は長板の諸飾り。「立ち火箸、すわり火箸」炭手前はしないのですが、火箸の移動って!?どういう意味があるのか先生にお聞きすることなくお稽古してきました。青磁の水指、建水、蓋置き、杓立てです。お軸は少し不鮮明ですが、竹の絵に明月の歌大徳寺管長の書だそうです。お菓子は先生が先月旅行してこられた中国のお菓子。くるみ最中お稽古の様子です。お稽古は自ら御茶を点てるだけでなくお客様をすることも、...

8月のお茶

8月はお茶のお稽古は夏休みの予定でしたが先生がよかったらいらっしゃいと呼んで下さってお稽古をしていただきました。お軸は先月と同じ「清寂」の掛け軸お花は秋海棠と水引です。涼しげな籠に入ってました。今日のお風炉は、お釜ではなく鉄瓶がおかれています。略手前のお稽古でした。お盆を使ってのお手前ですが、戦争中、お道具がなくなったりされた方用にと当時の家元が考えられたお点前だそうですが、家にある道具でできるお...

7月のお茶

2か月ぶりのお茶のお稽古でした。お稽古の前に、先生に写真を撮ってもらいました。今月のお軸は円覚寺の元管長朝比奈宗源師の書です。長寿でおられた宗源師にあやりたいとこのお軸を選ばれたそうです。「清寂」と書いてあります。茶道の心得「和敬清寂」からのことばです。千利休の茶道の心得で亭主と賓客が心を和ませ慎み敬い部屋や茶道具を清らかにして茶会の雰囲気を清寂にするという意味があります。お花はアジサイとヒオウギ...

5月のお茶

5月のお茶のお稽古にいってきました。掛け軸は「清風在竹林」 大徳寺の前住職98歳の書です。お花はホタルブクロと紫露草花入れは織部の竹をイメージしたものです。5月から風炉になりました。今回はお風炉の運び点前。基本中の基本です。冬季は、炉(囲炉裏のようなもの)でお湯を沸しますが夏季は風炉釜を使用します。お薄のお点前、お濃茶のお客様のお稽古をしました。テーブルの上に飾ってあったヤマボウシの花金平糖みたい...

4月のお茶

今月のお茶のお稽古は旅簞笥と吊り釜旅箪笥とは、豊臣秀吉が全国統一のために小田原北条氏を攻め入る前に千利休が一夜城のある石橋山で秀吉にお茶を点て労ったとき、大阪からお茶の道具一式を写真のような箪笥に入れて持って来たというのが旅箪笥の由来です。中の棚をはずしてお茶筅と茶器を置き合わせたり(芝立て)いろいろな方法が旅箪笥には活用できるそうです。釣釜は春に使われるお釜です。天井から鎖で吊るされていていつも...

千鳥ヶ淵のお茶会

雨が降る日曜日 千鳥ヶ淵の様子です。満開の桜もところどころで花筏のピンクの帯ができ始めていました。千鳥ヶ淵戦没者墓苑で献茶式があり、お茶会に行ってきました。まずは千葉宗立宗匠のお献茶を拝見しました。男性のお点前、献茶という特別なお点前でいつもと違う所作がたくさんあり、大変勉強になりました。3箇所のお茶席があり、順番にまわりました。どのお茶席も立礼(りゅうれい・椅子と机を使ったお点前)でしたのでとて...

利休忌

3月のお茶のお稽古は千利休の亡くなったとされる「利休忌」の3月27日でした。床の間には利休を偲んで、千利休の掛け軸が掛けられています。ちなみに表千家は、座っている利休さんの掛け軸裏千家は立っている利休さんの掛け軸を飾るのだそうです。茶花は諸喝采(ムラサキダイコン)と寒芍薬(=クリスマスローズ)とコバンソウでした。本来なら利休忌は別名「菜の花忌」とも云われ菜の花を飾るそうですが、身近に菜の花が見つからず...

梅の小袖棚

昨日は2月のお茶のお稽古でした。先生が来週からモロッコへ旅行されるためちょっと1月と2月の間が詰まっていました。だから、なんとなく忘れそうなことも、思い出すことができました。やっぱり、毎週お稽古できるといいなあと思ったりもしています。忙しいからなかなかできませんが・・・(涙)今回の掛け軸は1月と同じく「鶴声千年松」です。紫野の大覚寺の住職の書だそうです。お花は紅梅と水仙棚は小袖棚です。このお棚は梅の仕...

1月のお茶のお稽古

今年初めてのお茶のお稽古でした。が、午前中、会議が入り午後からお稽古させてもらいました。お軸は 大徳寺三玄院住職の書で鶴声千年松 と書かれています。おめでたいものだそうです。茶花は白梅と椿お棚は壺々透二重棚です。表千家現在の家元 十五世 而妙斎(じみょうさい)が好みのお棚です。生徒さんが全員帰られた後で、先生とおしゃべりを楽しみながら、先生に一服点てて、そのあと、先生が一服点てて下さり、もう一度...

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

やっこ

Author:やっこ
楽しいこと、美味しいもの、旅行、
街歩き、ガーデニングが大好き。
カメラの趣味も増えました。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

FLOWERS

お花を中心としたアルバムです。

月別アーカイブ

やっこへのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

右サイドメニュー