FC2ブログ

やっほ~♪やっこです!new!

日々の街歩き♪ 美味しいもの発見♪ 面白いもの発見♪ 楽しいことやってみました♪ をたくさんアップ中!

 > 東北

復興支援ボラ活動 3

復興支援ボラ活動 3

  ボランティア2日目は立浜の鎮守 熊野神社の草取りから始まりました。 ここは津波の被害をあまり受けてなくて 地盤も固いところらしく 安心して活動ができました。 後半の作業は海底清掃。 穏やかに見える海の下には 瓦礫がたくさん残っています。 家ごと流されているので建材がそのまま海面を覆っており、 海の環境に悪影響を及ぼしかねません。 特に新しい家は、土と木でできていないので 新建材はそのまま腐ることなく ...

... 続きを読む

* by やっこ
そらちゃんへ
見逃してしまっていて、ごめんなさい。

数ある水産会社の中、八景島のかき小屋と
取引があるところに就職されて、今回、八景島=金沢区というのを知って、Oさんもびっくり!!
ご縁とはそんなものかもしれませんね。
今度は八景島に遊びに来てもらわなくちゃ~!!

* by そらちゃん
お会いしたかったOさんとの再会、
嬉しいご報告もうかがえたようで
本当に良かったですね!!
八景島という共通点も新たにわかり
お2人の強いご縁を感じました。
これからも、素敵なお付き合いが
続いていきますように・・。

* by やっこ
☆mcnjさんへ
mcnjさんは、土手の花壇作りで地域に貢献されていると思います。
自分の好きな分野で貢献できるというのは、無理がなくていいことですね。

☆Saas-Feeの風さんへ
お名前が違っていたので、誰かな?と思ったのですが、URLをクリックしたらSaas-Feeの風さんのブログでした。
まだまだ復興には時間がかかりそうですが、
またボランティアとして東北を訪れたいと思います。



* by Σ matsubaraさんへ
スクロールしながら最初から拝見しました。
なかなか進まない復興との報道から
いつになったらかつての暮らしに戻れるのかと
気になっていました。
やっこさんの記事により、少しずつでも前に進んでいる様子がわかりました。
ボランティアのかたたちの力が被災地の皆さんの活力にもなっていることでしょうね。

* by mcnj
社会に役立つことをされた後は、気持ち良いでしょうね。
他人のために、無償でつくすと言うことはなかなかできません。
見習わなければなりませんね。

復興支援ボラ活動 2

復興支援ボラ活動 2

今回ボランティアを行った雄勝の海です。 まだまだ震災の爪痕が残っているところもありました。   護岸工事が行われているところも。   盛り土をして造成している土地もところどころありました。   町の中心部には 雄勝 店こ屋街(たなこやがい)という 商店街ができていました。 たぶんこのあたりに、屋上にバスが乗っかった建物があったはず。   雄勝立浜です。 こちらで今回、海底清掃が行われました。 ...

... 続きを読む

* by やっこ
☆KAKAさんへ
震災直後は寝袋、食料を持ち込んでのボランティアが基本でしたが、
ある程度収まってからは、民宿や民泊でボラをする人が多かったです。
前回行ったときは、民泊させていただきました。
近頃は、ボランティアと観光をかねた方たちも多いです。
地元にお金を落とすことも立派な支援ですよ。

☆やっこババさんへ
3年の月日がだんだんと震災があったことを
遠くしていますね。
でも、現地に行ってまだまだ必要なことが
手助けがたくさんあることがわかりました。
不便なところに仮設が建てられている地域では
生活面での支援がたくさん必要な状態です。

☆ヒイさんへ
ヒイさんもお友達と東北へ行かれましてね~。
昨年でしたっけ?
行って見ないとわからないことがいっぱいだったと
思います。
また、機会があったらぜひ、訪れてみて~!!
進化しているところを見て帰るのも
いいと思います。

☆mcnjさんへ
三陸のきれいな海を眺めると
物悲しくなりますが、
明るいキレイな海にしないとですね!!
今回は2箇所温泉に入って、海の幸も
たんのう出来てよかったです♪

☆そらちゃんへ
ずっと雨が降っていましたが、
誰ひとり「雨だ、困った!!」って言う人はいなくて、みんな前向きだなぁ~!!と感じましたよ。
仮設の人たちは、狭い家に閉じこもっているのは
よくないので、なるべく野外や集会所で集まって
お話をするように心がけているそうです。
だから、カラオケが上手くなるみたいですよ^^
アコーディオンの歌は、昔、母や祖母が口ずさんでいた唱歌がたくさん出てきました。
やっこは歌詞はあまり知らないけど、
懐かしくて涙が出ました。
昔の歌は心に響く歌詞が多いですね。
皆さんにも言っていますが、東北の物産を買ったり、旅行することも立派な支援なんですよ。
わざわざボランティアに行かなくても
楽しく支援が出来ればいいなぁと思います。

☆のんきさんへ
温泉とお布団が恋しくて
その日はご飯を食べて、お風呂に入って
部屋に戻ったらみんなすぐに寝息を立てて
寝ていました。

今回、本当は女川あたりの民宿に宿泊予定
でしたが、3連休で大人数を受け入れてもらえるところがなくて、やむなく松島のホテルに宿泊でした。
ラッキーといえばラッキーでしたヽ(^o^)丿
のんきさんもぜひ次に旅行されるときは
東北方面へ(^_-)-☆

* by のんき
往復バスで、唯一、お布団で寝られる日
体も心も一杯一杯でったことでしょう。
温泉にゆっくり浸かって、明日への英気を養われたことでしょう。
大変でしたね。

松島は比較的被害の少なかった所だと聞いています

こうして、実際の写真を見せて頂くと、復興の様子が、とてもよく分かります。

私に何が出来るだろうと、改めて考えさせられます

* by そらちゃん
お天気はあいにくの雨でしたが
比較的、過ごしやすい気温で良かったですね。
仮設住宅の皆様、すごく喜ばれたことでしょうね。
楽しそうな笑顔が浮かび、あたたかい気持ちに
なりました。
皆様、いつも歌われているのでしょうか。
歌や音楽は、人の心を元気にしてくれますものね。
 
温泉で、ますます、やっこさんの美に
磨きがかかったことでしょう(#^^#)♪
私も、東北の海産物等を見かけると
購入させていただくようにしています。
ささやかですが、自分にできることの
ひとつとして、少しでもお役に立てれば・・と
思っています。

* by mcnj
こんな景色のいい所でも、津波がくればひとたまりもありませんね。
ボランティアの合間に、息抜きも必要ですね。

* by ヒイさん
東北に行っておられたのですね。
こうしていくことに意味があると思うのです。
わたしなんか、行くと言いながら
まだ、一回しか行けてません。
しかも、写真を撮ってきたのにいまだに
直視することが出来ず、そのままです。

遠くで応援することしかできないのです。

* by やっこババ
震災当初はボランティアの方も沢山おられたと聞きましたが最近では少ないと聞きましたがそうなんですかぁー
3年経っての復興の進みようはさほどではない様なですが・・・皆さんそれなりに頑張っている事とさっします
ボランティアア活動ご苦労様でした。

* by KAKA
ボランティアというと、寝袋や食料を自分で持ち込まないといけないと思っていました。
ホテル宿泊でするタイプもあるんですね。
ホテル代やお土産代を使うのも、支援ですよね。
( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

復興支援ボラ活動 1

復興支援ボラ活動 1

昨日、復興支援ボランティア活動から戻りました。 往復のバス泊で、ゆっくり眠ることができず、 昨日は早朝4時半に地元に帰ったのですが そのあと大洗濯を済ませ、爆睡しました。 疲れたけれど、気持ちの良い疲れです!! 東北の方たちに元気をいっぱいもらって帰って来ました。 今の石巻の様子をご紹介します。 今回はiphoneでの撮影で、 しかもバスの中や雨の中の撮影なので 見づらい画像も多くありますが、ご了承ください。 ...

... 続きを読む

* by やっこ
☆ルミちゃんへ
平穏な生活が一日も早く
戻るといいですね。
つらい思い出はなかなか消えないと
思いますが、東北の方たちは
我慢強いです。

☆ももママさんへ
テレビで出てくる津波のシーン
あの黒い波がここを襲ったのだと思うだけで
怖かったです。
その地で生活して行くのは覚悟が必要だったと思います。

☆ルーシーさんへ
ルーシーさんも立ち寄られたのですね。
北上川の上流にある
大川小学校はまさか津波が来るとは
思えない立地でした。
小さな小学校なのに、しゃれた校舎で
子どもたちも自慢にしていたのだと思います。
子どもたちのいない校舎と慰霊碑。
誰が慰霊の場所になると思っていたのでしょう?
前回は斜面の下まで行けませんでしたが
今回斜面の下に立つと、よく登れたなぁと
思いました。

☆ココアさんへ
急ピッチで整備されているところと
進んでいないところを目の当たりにしてきました。
女川は原発があるので、急ピッチで進んでいるらしいです。

☆のんきさんへ
のんきさんのブログのお友達に
女川で定点観測をされていた方が
いらしたのですね。
女川は小高い丘の病院まで津波が到達して
被害の大きかった街。
前回行ったときは、瓦礫が山になっていましたが
今では新しい庁舎や駅の建設が
進んでいました。
次に行くときが楽しみです

☆そらちゃんへ
津波の爪痕の写真は
今見ても怖いです。
一瞬にしてすべてを持っていかれた方たちは
この風景はつらいだろうなあと思います。
早く3月10日以前の風景が広がるよう、
頑張って復興してほしいですね。

* by そらちゃん
やっこさん、お帰りなさい。
ボランティア活動、
お疲れさまでございました。
お写真を見せていただくだけで
泣けてきます。
どんなにか不安で怖かっただろうと・・。
場所により、復興の進み具合が
ずいぶん、違うのですね。
まだまだ、時間はかかると思いますが
少しずつでも、皆さんが安心して
暮らせるようになることを願ってやみません。

* by のんき
やっこちゃん。御苦労さま!
本当に、頭が下がります。
私のブログのお友達も、一年間。女川に単身赴任され、定点観測のごとくに、ブログに記載されておられる方がいらっしゃいました。
今年の三月末、任期を終えて帰っていらっしゃいましたが、土地の方々の暖かさには、ブログ上でもたびたびお話されていらっしゃいました。
まだまだ、復興の兆しも遠く皆さんが頑張っておられるのですね
天皇皇后両陛下も、御心を寄せられ、復興状況を視察するため宮城県を訪れていらっしゃるとか。。
大川小学校の児童のことは、思いだすと胸が痛みますね。
皆さんが、前向きに過ごしていらっしゃることが、大きな救いです。

* by ココア
お疲れ様でした。
3年以上経っても、なかなか復興が進まないものですね。
痛々しい景色がまだこんなに残っているとは…
復興税ばかり取られて、それが被災地で使われていないという話も聞きます。
一日も早い復興を願わずにはいられません。

* by ルーシー
やっこさん、お帰りなさい、そしてお疲れ様~~
それ程暑くなかったようで良かったですね。
私も、大川小学校は手を合わせてきました。
まだ校舎内から生徒が出てきそうな感じで建物の全壊ではないので・・・
大きな津波が来たら、とても無理と感じる場所でしたね。
お大橋の方向に避難して津波にあってしまいましたが
山側の方へ非難するか迷ったそうですが、雪で登れなかったと言っていました。
ともかくご冥福をお祈り致します。

* by ももママママ
お疲れ様でした。
まだまだ完全復興とはいきませんよね。
やっこちゃんの画像をみて
改めてそのときの恐怖が想像できます。
一日でも早く復旧できるといいですね。

* by ルミ
みなさんの生活が少しでも、震災前と変わらない平穏な物となって欲しいです。
小学校の写真は特に胸が締め付けられる思いです。

* by やっこ
mcnjさんへ
無事に戻ってきました。
まだまだ手付かずのままのところもありました。
津波で流された跡に家を建てているところも多くありました。
違う土地で生活できない事情もたくさんあるのでしょう。

☆zooeyさんへ
正直、2時間おきにトイレ休憩のあるバスは
疲れます。
寝たと思うとザワザワ・・・熟睡できませんね。
それでも微力ですが、いろいろな活動を通じて
少しお手伝いができてよかったと思えました。

* by zooey
本当にお疲れ様。
行きも帰りもバス泊では、軟弱な私はとても眠れないと思います。
やっこさんには頭が下がります。
報告を楽しみにしています。

* by mcnj
お帰りなさい。
ご苦労様でした。
まだ、震災の爪痕が、生々しいですね。
津波で流された同じ場所で、復旧が進んでいるのですね。
どうしようもないのでしょうか。

天使のしょうゆ

天使のしょうゆ

今年9月に東北の被災地を訪ねたときの報告会が先日ありました。 人前で話すのが大の苦手なやっこですが、 被災地の様子をスライドショーを見ながら説明させていただきました(^^ゞ その時に、被災地支援の一環として 陸前高田市のヤマニ醤油さんの 天使のしょうゆ、他2本の販売がありました。 陸前高田といえば、千本松原と言われた 立派な松原で有名でしたが、津波でその松原が消え、 1本だけ残った松で有名になったところです...

... 続きを読む

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
コメントのお返事が遅くなってしまいすみません!!

v-282やっこババサンヘ
まあ~、10本もお買い上げ、
これはお醤油屋さんもお喜びですね~!
使う方も売る方も、きっと何よりもいいプレゼントになりますね。

v-282mcnjさんへ
やなせたかしさんの天使の絵がかわいいので
たくさん売れると思います。
すこしでもこんなお買い物で支援できればいいですね!

天使のしょうゆ * by mcnj
ヤマニ醤油は、陸前高田市にあったのですか。
幸せを運んでくれる、天使の様に、沢山売れるといいですね。

少しでも手助けを * by やっこばば
天使のしょうゆネットで早速買いましたぁ
被災地の皆さんの少しでもお役に立ちたいと思って10本
皆に配ります。

がんばっぺ石巻!東北!!

がんばっぺ石巻!東北!!

専修大学石巻キャンパスにある 石巻災害ボランティアセンターを訪ねました。 地震直後は多くのボランティアさんが 全国から駆けつけましたが、だんだんと少なくなっているとか。 まだまだたくさんボランティアさんの手を借りたいことがあります。 高齢者や障害者の通院や買い物などの送迎サービスを行っていた ボランティアさんのお話では どんどん同じようなサービスが増えて行ったけど、 震災から時間が経ち、ボランティアがい...

... 続きを読む

Re: お久し振り! * by やっこ
お名前が無いので、どなたかわかりませんが、
久々にアクセスしてくださりありがとうございます。
引越しも終わり、つくばでも元気に過ごしています。
でも、自由がちょっとなくなって、耐えてます(汗)
この夏、熱中症に罹られたのですか?
大変でしたね。やっと暑さも台風が行った後は収まりそうです。
ゆっくりと秋を楽しみたいですね。
駆け足で冬が来ないようにしてほしいです。

> 久々のアクセスです☆
> 流れて来る音楽も最高ですねv-158
> お元気そうでなにより☆
> 私は熱中症になったりと散々でしたが、地震被災地の皆さんに比べたら楽なもの!
> 食事美味しそうですねえ~~~~~v-218

お久し振り! * by ???さん
久々のアクセスです☆
流れて来る音楽も最高ですねv-158
お元気そうでなにより☆
私は熱中症になったりと散々でしたが、地震被災地の皆さんに比べたら楽なもの!
食事美味しそうですねえ~~~~~v-218

コメントをくださったみなさんへ * by やっこ
e-68釉さんへ
現地に行くとこれまで見えなかった現実を間近にして、何かをやらなくちゃという気分になるはずです。
たくさんいらしているボランティアさん、その気持ちだけでも地元の人たちはうれしいはず。
東北でお金を落としていくことも支援になるのですから。
釉さんは継続的に義捐金を寄付されていらっしゃるのですね。
えらいなぁ~!

e-68よっし~☆さんへ
自分のお仕事の一環として、参加させていただきました。
一応、編集委員をさせてもらっているので、何か書かないといけないのよ~(^ー^;)
よっし~☆さんもいろんなところで協力されているのですね。
なかなか現地へ出向いて行動はできないけど、金銭面で援助するのって素晴らしいわ~。
ところで、よっし~☆さん、どちらへ!?
帰ってらしたら、UP楽しみにしています。

NoTitle * by よっし〜☆
やっこちゃん、こんばんわ~^^
あぁ~、わたしとはエライ違いだわ~。
わたしが遊び呆けている間にやっこちゃんはボランティアで被災地を応援・・。
義捐金はわたしもほんの少しですが、いつも行っているレストランと仕事場で協力しています。
ボランティアはちょっと厳しいのでそれくらいしか出来ないもの・・。
そんな中、また遊びに出掛けちゃうので帰ったらまたゆっくり遊びに来ますね。

ありがとうございます * by 釉
実は、前記事にコメントをしたのですが、あとから削除していました。
ラジオでボランティアを続けている方が、行けばどうにかなるから被災地へ行こう、、と言っているのを聞きました。
私としては、そんな気分で良いのかな?……と書いていたのです。
やっこさんの今日の記事で、得心しました。
なるほど、そういう考え方もあるんですね。
ありがとうございました。

細々とながらですが、貧者の一灯でも義捐金を続けています。

気仙沼~女川~石巻

気仙沼~女川~石巻

 気仙沼の海から500mほど離れた陸地に打ち上げられた第十八共徳丸宇宙戦艦ヤマトが陸地に上がったような感があります。この船を撤去するには莫大な費用が掛かるそうで震災のモニュメントにしようとする動きがあるそうです。 海の近くの水産加工工場などが並ぶ一角まだまだ車がそのままになっていたり冠水して通行できない道が多かったです。 気仙沼港の消防艇らしき船重油が流れ出して火の海となった気仙沼湾の火を...

... 続きを読む

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
どれもつらくなる写真です。
一番下の大きな缶詰の写真のそばは
魚の腐ったような匂いと
重油の匂いがまじったような、
鼻をつまみたくなるような匂いでした。
以前はもっともっとひどかったそうです。

今はきれいに更地になってますが、
ここに街があったのかと思うことすら
想像出来ない状態でした。

復興まではまだまだ長い道のりですね。

Patchouliさんの元彼さん、心配ですね。
なかなか生死の情報が入らない状態が
まだまだ地元でも続いているそうです。
住むところが変わったり、携帯や電話が流されて
連絡をお互いにとれないと聴きました。

6か月。長くもあり短くもあった6か月。
みんな必死に生きているのが感じられました。

NoTitle * by のんき
震災から半年の月日が経っているのに・・
半年って、生まれたばかりの赤ちゃんが、首が座り、離乳食だって食べ始めたり・・・そんな時間が経ってるわけよね・・
1枚1枚、丁寧に見たい写真ですが、なぜか、見る事ができません
胸が詰まります

NoTitle * by Patchouli
現状のレポート、拝見すると胸が痛みますね。
まだこんなに瓦礫の山が…

実は私の元彼は、石巻出身でした。
おそらくご両親は被災していると思うのですが、
メールの返事がなく、連絡が取れなくなってしまいました。
すごく心配なんですけどね…
半年もたっているのに、
もっと早く復興が進むことを願ってやみません。

半年たっても・・・ * by paco
半年たってもまだこの状況・・
どう復興していけばよいのか、
その危険性から元の土地には戻れない、
そんなこともありなかなか進まないのでしょうね。
昨日は復興にかかわる講演会に行ってきました。
復興事業に手を挙げている中に
”三陸にリニアを走らせよう”というものがあるそうで・・
何考えてんだかわかんない、復興に便乗した利益優先の
企業に腹が立ちました。
こういう時だからこそ住民の目線で復興を進めてほしいですよね

NoTitle * by ココア
見ているだけで、辛くなります。
もう少し復興が進んでいるのかと思いましたが
まだまだ、なんですね。
被災された方々のごく普通の日々の生活が
送れる日は、いつのことでしょうか…

大船渡~陸前高田

大船渡~陸前高田

東関東大震災から明日で6か月。 テレビでは毎日特集が組まれていますね。 テレビでよく見る震災の風景を いつもお世話になっている金沢区の 社会福祉協議会の職員さん、施設の職員さん、 のべ37日間も被災地でボランティア活動をされているという ボランティアのKさんの車に乗って訪ねてきました。 9月6日の夜7時に金沢区を出発し、 東北道をひたすら走り続けて、車中泊して 7日の午前4時半ごろ一関インターで下りました...

... 続きを読む

コメントをくださったみなさまへ * by やっこ
2泊3日、1泊は車中泊で東北まで行ってきました。
夜明け前に一関インターを降り、それから大船渡に向かうと
だんだんとテレビで見ていた風景が広がってきました。
やっぱり実際に目の前にして、その地に足をつけると
テレビとは違った何とも言えないむなしい感覚というのでしょうか、が身を包みましたね。
海岸線を南下すればするほど被害がひどくなっていきます。
その風景を見て、被災者の皆さんのお話を聞くと
身をつまされる思いです。
でも、みんな気丈です。
人間の強さも感じました。
何が何だかわからない6か月だったと口をそろえておっしゃいます。

一日に一度は必ずテレビで見ていた被災地の風景。
百聞は一見にしかず・・・やっぱり違います!!

NoTitle * by mizue
おかえりなさい。
TVで見る風景と実際の風景ではやっぱり違うのでしょうね、
まだまだ悲惨な場面が沢山あることと思います。
今日でちょうど半年、早かった?長かった?
どちらにしても復興には早くしてほしいですね。

三陸 * by mcnj
もう、震災から、半年が経ったのですね。
震災の爪後は、今でも生々しく残っているのですね。
一刻も早く手を打たなければならないのに、馬鹿な大臣が担当していて、困ったものです。

NoTitle * by まるゆ姫
現状を見ると滅入っちゃいますね、被災者でもない私でも。。。
半年たってもまだこの状態、なんとも言えないです。。。

もう半年・・・ * by ケイ
テレビで 何度も見た悲惨な情景・・・
もう半年 経ったのですね~
実際に 強行軍で訪れたやっこさん お疲れ様でした。
今日は 千本松原の松が テレビで取り上げられていました。
残った1本の松からの挿し木や 拾われていた松ぼっくりから
新しい新芽が 出ていましたよ。
強い植物から 被災地の人も 力を頂けるでしょうね。
これからも まだまだ大変です~
早い復興を 願ってしまいます。 

NoTitle * by のんき
新聞やテレビで見る画像を、やっこちゃんのブログでも見る事ができました
強行軍での視察、御苦労さまでした
友人の妹さん夫婦が、陸前高田で亡くなられました。遺体が見つかった事が何よりだと、自分に言い聞かせるように言う友人に掛ける言葉が見つかりません
早い復興、復旧をと願うのみです

ご苦労様です * by paco
おかえりなさい、ご苦労様でした。
一日も早い復興を願ってやみませんが
TVでも伝えられているように
また、写真からも伺えるように
いまだどこから手をつけていいのかわからない、
という状態のところも多いでしょうね。
私たちもできることは協力していきたいと思います。

おかえりなさい * by 釉
お体はもちろんですが、お気持ちは大丈夫ですか?
お疲れの出ませんように。

陸前高田に友人がいます。
ちょっと、言葉を失うような、重い手紙をもらい、返事を出すのに、ものすごく苦しみました。
被災者でない私にその苦しみはわからないけれど、慮る気持ちは忘れないでいたいと思います。
千本松原の一本、きれいな景色ですね……